Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/107-c427d2d8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

銃は すてよう

10041501.jpg


今更ながら、映画 「サマーウォーズ」 を観た。
http://s-wars.jp/

びっくりした。 そのおもしろさに。

ほとんどストーリーもわからず絵もなんだか苦手だなあ、と思っていたので
観る予定は全くなかった。
レンタル店へ入って目の前に1本だけ残っていたDVD。
吸い寄せられるようにそれに手を伸ばし
気がつけば、ほかの数本と共にレジに差し出していた、という経緯です。

借りて来たなかでまず1本目に 「サマーウォーズ」 に手が伸びたのは
やはりどこかで、何かが気になっていたからでしょうか?

何と言ってもストーリー展開のテンポの良さがいいですね。
のめり込んでから、あっという間に時間が過ぎてしまう。
コンピューター社会に起こるトラブルを描いたドラマなのだけど
ガチャガチャチカチカ、と騒々しい感じはなく
それは仮想世界の空間構成の広がりやしかけの面白さ、と
その世界でのアイコンやキャラクターの色使い、コミカルな動きに
クスリと笑える間や静けさも混ぜ込まれている為かもしれない。
ネット内の世界の色使いが軽やかで、美しくさえ感じられるのです。

またこの映画はいくつかの対比で構成されていて
現代コンピュータ社会 と 歴史ある田舎の家
広くて青いのんびりとした夏の空 と おばあちゃんの死
たくさんの愛 と 孤独
それらが分け隔てられる事なく、1本の線上にうまく乗っているかんじ。

見事だなあ、と、見終わってからもしばらく興奮は続いたな。

「サマーウォーズ」 まさに現代の戦争だね。
ああ、映画館の大画面で見たかった。



10041504.jpg

タイの反政府デモ隊と治安部隊の衝突で亡くなったカメラマン、村本さんの撮影した映像を
数日前のニュースで見ていた。
クーもそばにいて、激しい衝突の映像が流れると
読んでいた本から目を離し、テレビに視線を移した。

「銃はすてよう」

映像を見ながら、ポツリとクーが言った。
私は一瞬、何と言ったのかわからずに「え?」と聞き返したが
クーは私に向けて言った言葉ではないようで
それからもじっとニュースの映像を見ていた。

正直、驚いた。
そして、嬉しかった。

コンピュータゲームで遊ぶ事が当たり前になっている現代っ子のクー。
私としてはなるべく避けたいのだが、放課後に友人達と集まる時には
みんなの中ではそれはとても重要なアイテムになってしまっている。
「やれやれ、打て、蹴り入れろ!」
などという言葉は当たり前のように出てくるので、時々怖くなり不安でもある。

この子達は、ゲームの世界と現実世界の区別を、どう感じているのだろう?

実際には、子ども達を観察してみても、彼らのこころの深いところまではわからない。
でも、だからクーのそのひと言は、私に少しの安堵感をもたらしてくれ
そしてまた少し、クーへの尊敬の想いが深くなった。

クーにその言葉について、何も聞かなかった。
その衝突の映像についても、まだあえて意見を聞いていない。
それはいくつか理由があって、そのひとつには
タイミングによっては素直な感想を述べてくれない時があるから。

クーも成長とともに、色々な時期がある。
今までもそうだったように、これからももっともっと複雑だろうな。
それでいいし、もっと私も、大人にならなくては。

「銃はすてよう」

その感性が、これからもっと広がりを持つといいな。



10041505.jpg

「散歩途中のひと休み ご自由におかけください」

家の近所の民家の前に、こんな札が風に揺れていた。
今まで気づかなかったな。
こういう事を、さりげなく自然な事として表現出来るのってすばらしい。
こころ、だよね。

散歩の途中、胸が熱くなった風景です。




10041503.jpg

そうそう、今日ラジオにリクエストしたら、5分後に曲が流れた。
お?
と嬉しくなり作業の手がリズミカルになった。

なんとそのDJと放送作家さんとの事前打ち合わせで
「今日は雨だしこれがいいかな」 と用意した曲だったのだそう。
おー、嬉しいね。
DJの方もその偶然を喜んで下さっていて、ラジオの向こうとこっち、
離れていてもちょこっと繋がった瞬間だった。

こういうのが、大事。


雨はあがったようです。
一日中作業部屋にいたので、これから散歩に行ってきます。












スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/107-c427d2d8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。