Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/122-b4887df3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

世田谷レトロ ふしぎ時間

ある日、いろいろと調べものをしているうちに
グラフィック、テキスタイルデザイナーの 有田昌史さん の存在を知る事となったのです。


10061805.jpg

知りたい、この方に聞いてみたい! と思った事をいくつか
いきなりメールで質問してみたのです。
すると、日付が変わった夜中?朝? に、有田さんからお返事が来たからびっくり!!
「○日△時にお会いしましょう。 楽しみにしています。」
ほえ?

そのような展開になるとは思わず、送ってしまったメール。
どうしよう、どうしよう・・
緊張でおろおろとしながら、有田さんのアトリエに向かった私です。

場所は世田谷区旧池尻小学校校舎、世田谷ものづくり学校

以前から興味のあったこの施設への初めての訪問とあって、
その楽しみと緊張とが身体中でぐにゃぐにゃとカオスを形成しはじめたかと思うと
つま先から頭の天までそれに支配され、
あまりの暑さも手伝ってか、気が遠くなりそうになる。

早めに着いたので、デニーズの「ブラックパールタピオカミルクティ」で呼吸を整え
いざ行かん、Japonica izumonesiaへ!


10061802.jpg

旧校舎だから、学校そのまま。
でも、教室を借りているアーティストの方々それぞれのテイストが
じんわりと滲み出ている廊下、共用部分です。
新しく生み出されるものと、古い校舎とが
こんなにも調和し、居心地の良い空間を形成するものなのですね。
その、静けさと熱さがしっとりと混ざり合った空間に、
ただただじんわりと、感動している私です。


お会いした有田さん。
ホームページの写真から勝手に想像していた感じと動き方が違っていたけれど(失礼かな?)
ホームページの文章から勝手に想像していた感じ以上に
ものすごく奥行きのある方だとわかり、
私は有田さんのお話に、釘付けになってしまった。

有田さんの詳しいあれこれは、私の説明よりもHPをご覧ください!
Japonica izumonesia
様々な有名企業ともコラボレーションされてきた有田さんの作風は
ちょっぴりレトロで、渋い色使いにビビときちゃいます。
近頃は 「フォークロア」 をテーマに、
各地の伝承のもつ意味や、布の可能性について研究を重ねていらっしゃるとの事。
その視点にも、とても惹かれてしまいます。


有田さんは大変なご活躍の方で、更にこの夏はいつも以上にお忙しいとの事。
それなのに、
「ちょっとメール1件送るから待ってて。
 今終わっても、中途半端でしょ。」
とか  
「トイレ休憩大丈夫?」 
とか
まるで有田さんの講演会を独り占めしているような深く濃く贅沢な時間に
私はただただ、恐縮するばかり。


10061801.jpg

↑有田さんのアトリエ入口


私はこの日、私が今後デザイン活動をして行く上での、
具体的な手法や発想の転換について有田さんにお聞きしたくて伺ったのです。
それなのに、
有田さんのお話を聞いて行くうちに、
一番の私のなかの問題は、そういった表現手法や具体策ではなく
私自身のなかにある、私自身を縛りつけているもの、
それだと気づかされる事となりました。

そしてそれがわかった時、
用意していったいくつかの質問たちが全てばかばかしくも思え、
それらの質問を、有田さんにぶつける事はなかったのです。

有田さんには不思議なちからがあるようで
お話をお聞きしているうちに、仕事の相談というよりも
まるで私自身のカウンセリングに来たかのような、
うん、そう。
まるでそのままの時間となり、
不思議な体験をした私は、暑さの落ち着いたやわらかい風のなか、
246を歩いて歩いて、すがすがしい気持で帰路についたのでした。


ここに書きたい具体的なお話がいくつもあるのですが、
データ量飽和状態になりそうなので、今はやめておこうと思います。

ただ、
時間がないはずのなかで、見ず知らずの私に2時間半も
親身になって時間を割いて下さる方がいらっしゃるのだなあ、と
その事に大変感激し、
そしてあらためて、そのような事を 「僕もそういうの好きだからいいの」 と
さらっと言いのけて飄々としていらっしゃる、その有田さんの魅力を再確認した事を
ここに記録しておこうと思います。
「有田さん」 と呼んでいたはずの私でしたが、いつの間にか 「先生」 となっていたのは
ごく自然の流れのように思います。


先生、本当にありがとうございました。
きっと昨日の事は、ずっとずっと忘れられないでしょう。
それくらい、私にとっては強烈な時間だったのですよ。


10061803.jpg

同じく、世田谷ものづくり学校内にある、
スノードーム博物館。
これは廊下から見た風景ね。
スノードーム大好き&コレクターの私は、嬉しくてついついパシャリ・・・
(本当は学校内、撮影禁止だったらしいデス)




10061806.jpg

母の料理仲間から、立派な青梅が大量に届いた。
一粒が、直径45ミリくらいもある~!!!
なんと、ご自宅のお庭で採れるのだとか。 すごい。
あまりに大量なので、
一瓶はお酒に漬けて、一瓶はお酢に漬けて。

クーの近頃のお気に入りは、昨年浸けた梅酢の水割り、または、ソーダ割り。
気怠いジメジメの梅雨の朝、
起きてすぐに 「梅酢の水割り」 を飲むと、一気に身体が目覚め
すっきりと一日が始められるのです。
私もクーにならって、コックン、とやっています。
この梅雨の時期には、なんだか特にピッタリな気がしますね~。
おいしいぞ。


週末ですね。
明日のワールドカップ、盛り上がっていきましょう!
・・・と締めようと思ったのですが・・・

あの 「低燃費少女ハイジ」 の第7話がついに登場でーす☆


クーが楽しみにアップを待っていた動画 (情報はどこから得ているのかしら?)
私も一緒に楽しみました。
ハイジを知っている方なら、ツボにハマる事間違いなしでしょう~。

















         
 


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/122-b4887df3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。