Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/135-de7078a2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

季節はめぐり 時はつみ重なっていく

波乗り大先輩きんちゃんから連絡が入り
「逗子ビーチにて、暑気払い、集合!」
とのお声がけをいただいたのに、週末はあいにくお仕事・・・

ああ、残念です。

と、しょんぼりしたところで、千葉に波を探しに行く。
更にその事をきんちゃんに伝えておくと
私が海に入っている間に
「仕事中でも波が気になって仕方ないぞ!」と
彼のソワソワとする姿が眼に浮かぶようなメールが来ていました。

余計な事を言ってすみません。

と思いつつ 「もう波はよくないので大丈夫ですよー」 と携帯写真をお送りしておきました。
だって本当にその時は、コンディションが下降線の一途だったのですもの。


10082003.jpg


そうすると今度はきんちゃんからすごい写真が添付されて来て
私はすっかり興奮してしまい、そこで本日のメール交換はおひらきとなった次第です。

その写真というのは
きんちゃんが育った、ある波乗りポイントでの、ある日の波乗り風景なのですが
その波がすごい。
フェイスがツルッと輝き美しく、しかし
飛沫ときんちゃんの表情を見れば、その波の勢いはわかる。

コンスタントに波が立つ場所ではないようですが
グリン! とすばらしい波が立つ、上級者を唸らせるウニウニポイントといえば、
あそこですね。

すごいなあ、きんちゃん。
こんな波に乗っていらっしゃるのかあ。

身近な方のこういう写真を見ていると
それは私にけっこうなスパイスとなって降りかかるようで
やる気、というか、目標、というか、楽しみ、というか
とにかく前向きな熱いものが、ニョキニョキとこころに芽生えて来るようです。

近頃また、波乗りに対しての気持をあらたにできたので
それとちょうどよいタイミングだったのかもしれませんね。

きんちゃん、ありがとうございます。

そのすばらしいお写真をここに載せて
私達初心者波乗り志願者たちの熱き志とさせていただきたかったのですが
なんといってもそのお写真は、あの、プロフォトグラファーの撮影によるもの。
ということで、勝手な引用は控えさせていただかなくては、となりました。

うーん、残念だなあ。
バックには真冬の白富士、という、すてきなお写真なのですけれどね。
プロフォトグラファー様、どうか寛大なご許可を、ぜひ!


10082001.jpg

早朝は波数、波の状態も悪くなく
ヘッピリながらも、楽しく練習できたのですよ。
気づくと4時間ほど海で過ごしたようです。

あまりの波の変化に
昼寝と決め込む方が続出↑
でも、風の気持いい日ですねー。


10080310.jpg

帰り道、何ものかを車で引きそうになり、慌てて迂回。
カニかな?
と思い、降車して確かめに行くと、
ものすごい足長バッタだった!
しかも、その細さといったら、現代女子高生を遥かに超えていますね。

か細いおみ足からは想像できないほどのジャンプ力に
「万物は、やはり外見ではなにもわからないのだ」
と、またひとつ理解させられてしまうのでした。



R0016109_2_convert_20100826125325.jpg

先日のブログで書いたとおり
そう、あの魔の2日間によって、この夏の日焼けクイーンとなった私。

なぜか運転中に
せっかくだから記念撮影しとこうよ、という事になり、パシャリ。
スッピンでお見苦しい点をお許しくださいませ。

ん?
だめじゃん。
こんなんじゃ、灼け具合がわからないでしょ、
と言いながら、あれ?
肩の皮膚が、ガビガビになっているのが写っちゃいました。

そうです。
下手な灼き方すると、こうなります。
身体中、剥けてます・・・
しばらく人前に、素肌を晒すことはできません・・

気をつけましょう、夏の肌。



10082002.jpg

大好きな田園風景

あ、
しばらく見ない間に稲が刈られ
その跡地が、美しい緑系黄金色となって光っていました。
うわあ、もう稲刈りシーズンなんだ。

そしてふと、過ぎ去った自分の波乗りの時間がオーバーラップし
ああ、季節は巡り、時は流れ、積み重なって行くのだなあ
と、なぜかしみじみと
行けども行けども光り輝く、その一面の風景を
不思議な気持で見つめていました。

そう、同じように季節がやってくるようでも
時は確実に、過ぎて行くのですね。
そしてやはり、二度と同じ季節はないのだなあ、とも解らされる。



なんて感傷的な言葉がスラスラと出てしまうのを
季節のせいにさせていいものだろうか。

あれ?
もしかしてこういう時って、
アイデアのチャンスの時期でもあるのでは?

と、そのような気づきに嬉々として
先ほどまでのセンチメンタリズムは一気にどこかへと去ってしまいました。

なんだ、いい加減なものだなあ。



世間は週末、休暇ですね。
ゆったりたっぷりと、お過ごしください。














スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/135-de7078a2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。