Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/149-244d2e2e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

西の海 東の創

またまた、波乗りに行ってきましたよ。

休日→仕事→休日 となり
未だ、30連乗りイテテ痛の残る私ではありますが
ちょっと近頃、波乗りが更に楽しく思えてきたもので。


10102101.jpg


黄金色に輝く秘密の通路を抜けると、
やってきました、本日も湘南であります。


R0016559_2_convert_20101021202111.jpg

波はどうですかあ?
と、いつものフレーズとともに海岸を訪れると
あれれ? のひざ、たまにセットモモ、という静かな早朝の海。

昨日の川高さんからのメールにより
もしかしたら、波が上がってくるかも! との予想を立て
なるべくゆっくりと着替えやらワックスかけやら等の準備をし、海岸へと向かいました。

結果、2時間半ばかりここでねばり
最終的にはハラサイズのセットが入ったところで、終了としました。

とにかく今日の波は速くて、
サイズがあがると、割れる瞬間、ドッカーン! と容赦ないダンパーくずれ波。
おお、コワイ!
と、そのような波には
どなたも乗って来られないのを確認しつつ、ショルダーから乗らせていただき
何本も楽しませていただきました!





10102103.jpg

それから、こうしちゃいられない!
と、慌てて海を後にし、一旦お風呂に入り身体を清め、更に芯からあたたまることで
身体と気持をほぐす。

そしてばたばたと、池袋へとでかけました。
目的は、 キルターズスタジオ作品展のためです。




topvisual_1008_convert_20101022055518.jpg

変わりつづける空、と私


池袋エソラの告知ポスター。
自分の姿に重ね、ウンウン、と頷く。

そして更にクラクラとしながら
迷宮への入口、超ロングディスタンス・エスカレータを上り続けると


R0016562_convert_20101021211659.jpg


ほら。 ありましたね。


10102102.jpg

パッチワークキルト作家、デザイナーでもある藤田久美子先生の
キルターズスタジオの作品展覧会場に到着でーす。

入口付近で談話中の中島一恵さんを発見し、嬉しくなる。
実はとても緊張し、胃までキリキリとし始めていたのですが
その笑顔に、その痛みはいつのまにやらどこへやら。

更に会場入口の藤田先生の作品にウーンと唸っていると
「ポカホンタスかと思ったわあ~」
と、藤田先生登場ー!

images.jpg


・・久しぶりの再会の第一声が、ポカホンタス!
さすが藤田先生です。
確かに私は、肌も黒く、髪も長く、
ちょっとボヘミアン調のベージュのワンピースを着ていきましたからね。
先生の愛情たっぷりの毒舌?が懐かしく、一瞬涙が出そうになっちゃいました。

ウヒヒ、と嬉しくなりずっとお話をしていたかったけれど
今日は大切な展覧会初日、先生はお客様の対応に大忙しなのです。

この展覧会のために
生徒さんたちは1年半も前から準備を続けていらっしゃたようです。
パッチワークキルトの大作になると、それほどの時間と労力も必要となってくるのですね。
幹事会の方々におかれましては、細やかな準備も大変だったとお聞きしています。

藤田先生、というひとりの先生のもとでアドバイス、ディスカッションを繰り返しながら
こんなにも様々な作風が生まれるのだなあ、と、驚きました。

みなさん、本当にすばらしいです。

ここに作品ひとつひとつについて感想を書きたいのですが
そんな事をしては、いつまでたってもキーボードを打つ手が止まらなくなりそうなので
ゴクリとその気持は飲み込む事にします。

会場は撮影禁止だったので、そのすばらしい作品の数々をご紹介する事もできず・・
しかしやはり、実際にそこの空気を感じて作品に触れる事が一番ですもの。
どうぞ、ご興味のある方は、会場へと足を運んでみて下さいね。


藤田久美子 「キルターズスタジオ」 パッチワークキルト展

2010年10月21日(木)~25日(月)
10:00~18:00 (最終日16:00まで)
東京芸術劇場5F 展示ギャラリー



うえの会場入口風景の写真に写っている赤や青の混ざった3作品は
いずれも藤田先生の作品たち。
昨年の東京ドームでの作品もありましたが、
この会場で拝見する方が、何倍もその良さを感じる事ができるのには驚きました。
ライティングと空気感から、新たなその作品のすばらしさを発見できるかと思います。

個人的には
キルトライン酔いしなかった事も、嬉しい事のひとつ。
これも皆さんが、藤田先生のもとで修行なさっているからこそ、なのでしょうね。




10102104.jpg


早朝から西へ東へと移動をし
心地よい疲れと、これからの課題を背負いながら帰宅すると
出張で長野帰りの父から、お土産が届いていた。

なんでも旅先で紹介されたお店がキノコ料理のこだわりの居酒屋で
その店で分けていただいたのだそう。
今年は、松茸が豊作なんですよね。

やはり国産は違うよねえ~、となぜかそのまま宴に突入。
またまた楽しい夜になりました。



いくつもの波を楽しませていただき
たくさんのすばらしい作品に出会い
日本の旬を満喫。

よい休日に、やはりカンパイ! と、
まあとにかく、理由はなんでもいいのだなあ、と自分でも呆れながらの夜であります。




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/149-244d2e2e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。