Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/15-7f78b268

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

波乗りに想うこと

サーフボードのワックスを塗り替える。

ワックスを剥がし→ボードをきれいにし→新品のワックスを塗っていく
という、一連の作業が好きです。

R0010698_convert_20090524155534.jpg

汚れていた板がぴかぴかに美しくなり、気持ちの中の堆積物までもが
剥がされていくよう。
先週、その前、またその前の波乗りを想い出し
そこでの色々な反省や嫌だった出来事、それらをワックスと一緒に落としていく。

R0010693_convert_20090524155433.jpg

そしてぐりんぐりんと新たなワックスを塗っている間に
波へ、海への志がまた、新しくむくむくと湧いてくるのです。
なんだか神聖な気持ちになり、純粋なこころに戻れる瞬間。
ワックスの香りを、胸いっぱいに吸い込む。



私は波乗りまだまだ初心者レベルで
なかなか思うように、海との距離が縮まらない生活をしている。

でもこんな私でも、波乗りへの想いはいろいろあって
自分なりに波乗りとは?海とは?
そんな事を、いつも考えながら生活をしているのです。

波は、海は、決して上級者、海辺の生活者だけのものではなく
様々な位置で様々な生活をしている海を愛する人々、すべてに対して
あたたかく、そして、厳しいのだと思う。
気持ちが緩めば、がつんとやられ、
謙虚な気持ちでがむしゃらになっていると
「そんなに力入れないの」とばかりに、ごほうびの波をくれる。

すべてを見透かしているような、大きなものからの眼に
一喜一憂している、ちいさな自分。
でも、そんな感覚を持てる自分に、感謝。



R0010726_2_convert_20090530161808.jpg



昨年からずっと遠ざけていたブレイクに行ってみた。

R0010725_2_convert_20090530161736.jpg

「最近ばっこんらしいって話だよ~」
と知人から聞いていて
それと、あまり関わりたくない人が愛しているブレイクだった事もあり
そんなくだらない理由で、足が向かなかった。

ここでは昨年、海底に叩き付けられた思い出があり
「もうだめだ」と海に落ちた瞬間に思ったほどだった。
無数の星が暗闇に散り、身体が抜け殻になったような感覚だった。



ほかではいい波が割れているのを知っていたけれど
「150人」「200人」
と波情報に現れる数字にゲンナリ・・・。
肩~頭サイズのパワフル波に乗って、インサイドの人の波をよけなくてはならないなんて。
私にとっては、本当に怖いことです。

で、ここにやってきたのはいいのだけど
昨年の事故が想い出されて、へっぴり腰になってしまった。

なかなか思うように乗れない。

同じ湘南でも、ポイントポイントで、こんなに波が違うのですね。



波乗りって、自身の生きる姿勢が出るように思う。


なんとしてもあの波に乗るのだ!と波に向かう気持ち。
いくつもの力強い波を超えて、遠くのうねりに向けられる視線。
どうしても乗りたい美しい波を人に譲る時の、気持ちのゆとり。



「言い訳」はいくらでもできる。
乗らない、のか、乗れない、のか?



私は今まで、自分の中で色々な言い訳、理由付けをしてきたのだと思う。
それでいいのだ、と思い込ませたい理由を。


私の波乗りは、きっと人から見れば
まだまだへなちょこで情けないものだろう。
でも、波乗りを始めて、
昨年から少しずつ、気持ちの変化が起こっているのに度々気づくようになった。


R0010673_3_convert_20090530211309.jpg


そしてそれは、これからの私が生きる道しるべになっていくようにも感じている。

海にいない時、
たとえば仕事をしている時に、プロジェクトに向かう自分と
波に向かう自分がふっとリンクする時があるのです。

不思議だけど、私にとって波乗りは
きっとものすごく深い場所で、人生と関わっているんだなと思う。


こんなに海から遠い生活をしている私が思うのは、おかしいことなのかな?




R0010027_convert_20090530163910.jpg


いつもの、祈りの場所。




















スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/15-7f78b268

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。