Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/157-0fcbfa73

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

アンコールワットの夜は ふけてゆき

ずっとずっと楽しみに、しかしぎゅうっと胃が締めつけられるような瞬間

それは、
キルターズスタジオ、藤田久美子先生との久しぶりの再会だったのです。

先生とずっとお会いしたくて、
お話したい事はたくさんあるのに、それをどう整理してよいのか答えが見つからない。
心待ちにしていた想いと反面、
逃げ出したくなるような気持をかばんの奥にしまい込んで
「いざ!」
と、仕事帰りのばたばたに気を紛らわせながら、代々木へと急ぐ。

待ち合わせ場所は、あの、アンコールワット!


10112501.jpg

ニッコニコの、藤田先生、登場で~す☆

先生は原宿、代々木近辺にご精通されておられるにも関わらず
このお店は30年前から気になりつつも、一度も戸を開けた事が無いそうでして・・
楽しみにしてくださっていた、との事でしたが
なんと、店入口からスキップでうっきうきのご様子、ほら、
カメラにもじっと収まってはくださらないのです。

初アンコールワット体験の先生は
相変わらずの店のおとうさんの口調や、運ばれてくる料理や調味料、
海外のビール瓶のディテールすべてに、興味津々なのでありました。

「なにこれー、おいしいおいしい!」
「これは~? ナニ、ナニ??」
「なんか、これかわいくなーい?」

と、まるで少女のように、はしゃいでおられます。

うーむ、さすがです。


10112502.jpg

もうとにかく、探究心がすごいです。
それを目の当たりにし、更に大感激の私。

アッハッハ! と笑っていたかと思えば次の瞬間、
写真のように、じーっと対象物を観察しては、「これは、コレは・・」
と、分析しておられる。

普段、エスニック料理はあまり召し上がらない、との事で心配していましたが
そんな懸念はどこへやら?
ここのカンボジア料理をすっかり気に入っていただけたようで、
とりあえずはホッとしましたー。
よかったあ。

更に言うと
次々と運ばれてくる飲み物の瓶のデザインをしっかりとチェックしておられ
気づくとカメラを取り出し、私の知らないうちにパシャリ!

なんといいますか、視点が、もうそういう視点なのですね。
生き方そのもの、とも言えます。

つまり、
先生とデザインは、決して日常の中において離す事ができないものとして存在していて
そのスタンスが自然であり、先生の決断した生き方であるということです。

人の視線、視点とはこうも違うものかと
私自身の日常の中で驚かされる事が多々あります。
私はよく、
「変わったものの見方をするのですね。」
などと人から言われる事が多いのですが、
私からすればそっくりそのまま、お返ししたい気持もありまして。

しかし今は、それらの言葉を、
聞き様によっては褒め言葉なのだと思うようにもなりました。

この日の先生からは、
様々な雑談?のなかから、たくさんの重要なキーワードをいただきました。
毎日それを噛みしめ、噛み砕き、
まだ消化はできずとも、日常の細かな事で流されそうになっていた大切な私の想いを
ふたたび、力強く再確認する事ができています。

藤田先生、ありがとうございます。

そしてとても感動した事には
「いつ終止符を打っても、悔いはない」
と、キッパリと断言しておられる事。
若かりし頃の恋愛トークから始まり、現在に至るお仕事のお話をうかがう中で
いつをとってみても、その言葉がピタリとあてはまるような生き方をされているのでした。

すごい。

アンコールワットの熱い夜は、あっという間に過ぎてゆき
「電車無くなったら、朝帰ればいいじゃん!」
の先生の魅力的なお言葉をエイヤ!と振払い、
次の日の仕事を頭にちらつかせながら帰路に着いたのですが・・

ああ、こういうとこが、だめだなあ。 自分。
と、惜しい事をしたなあ、とちょっぴり悔やんでもおります。


10112504.jpg


海へ入り、沖に出て
波の間に先生とのやりとりを想い出しました。
そして、ちょうど1年前に考えていた事、
自分の正直な想いと、対峙していたのです。

すっきりと晴れた空はやさしく、そして絶大な力をもって私を包んでくれました。
久しぶりの眩しい陽の光には、目を開けてはいられないほどで
でもこうやって風にあたり、光を感じ、空を仰げば鳥たちが頭のうえを横切って行く
そのような環境にいられるシアワセに、身を委ねる時間となりました。


「自分の想いをぜひ実現させるように」

そうですね、そうします。




気持次第で、眼の前の景色が違って見えてくるのだから不思議ですね。





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/157-0fcbfa73

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。