Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/180-f3b435fa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

想いは 行ったり来たり

みなさま、どのような日をお過ごしでしょうか。

私はと言えば、そういえば「地震酔い」の日々を過ごしております。
私はあまり気にしてはいなかったのですが、
いつも揺れている、景色がぐらぐらとしている、そういう事です。

同じトーキョーにいても、ほとんど揺れを感じなかった、
という人もいるというのが信じられない。
私は老朽化したビル5階で、「ここで終わるのか?」と本気で感じ
クーの顔を想い浮かべながら、「だめ、ありえない!」などと自分を励ましていた者なので
普段過ごす環境、ハードの部分の重要さ、というものを
あらためて実感しているところなのです。

そういえば私って、美大建築学科出身でしたね。
忘れてた。

天井が落ちはじめ傾き、床はぼこぼことしているビルで
未だ仕事をしている自分が、不思議で、怖い。


11033002.jpg


光に敏感になっている。

いままでも、陰影に関しては特にそうであったけれど
先日も海で、雲間から射す光に、感謝のこころで手を合わせた。

日常を取り戻す

被災地の方々に比べれば、私などなんてことないはずなのに
それでもこの地震での、2次的、3次的?影響が私にも
深いところで、じわじわと押し寄せている。

スーパーでの物資の不足、そんなことはどうってことない。
現にいま、予想していた通り、
一時期品切れでスカスカだった棚は、もので溢れている。
なんだ、これ。

それでなく、
精神的にやられる事の方が、ダメージは大きい。

私は
被災地の方々の支援を私なりに実行する事、
私の日常を取り戻す事で、前に向かっている。
強くなり、明るくなる事で、何かのプラスになるのでは、と信じている。

でも、時々弱くなる自分。

もっと、できるはず。
頭と身体も、もっと使えるはず。
ガンバレ、自分!


11033001.jpg


久しぶりに、大好きなとなり駅の焼き鳥屋に行ってみた。
そういえば彼は、カメラを向けると、どうして変な顔しかしないのだろう?

クーが5年生を終えた日で、お疲れさま会のつもり。
クーからは日々、学ぶ事が多すぎて、感謝とラブが多すぎて
気づくとギューっと、抱きしめている。
この震災の支援の件でも、励ましてくれるクー、ありがとう。

「30人が餓死寸前、至急食料を届けて下さい!」
という宮城県南部の病院院長からのツイッターを見たばかりだった。

食べてはいけないのではないか、
そう思うと、胃がきゅっと縮み、痛くなる。
でも、私が元気でいなくては支援もなにもできないのだ、と思い直す。
都合が良すぎるのカナ・・

行ったり来たりの、日々。


11033003.jpg


波乗りも行っています。

とにかく、前に進みたい。
自分が強くなる事で、何か先にあるものを見たい。

段々と風が強まってきて、所謂「いい波」ではない事は予想出来ていたけれど
あえてその海に、今日も入ってきました。

結果、わかったのは
どのような波でも、経験すべきだということ。

波乗りも、仕事も、なんにおいても
生きる、ということは
それぞれに向かう姿勢が大切で、それは何事にも通じているのだと
もうそれは、実感というか、わかってしまった真理のようなものなのです。

海の上で呼吸が荒くなり、
その瞬間、おもいきり、信じられない勢いの海水が
そのまま喉を通過していった。

咳き込みながら、まるでマンガのような飲み方だと思い
そして同時に、海水に流れ出ている放射性物質の事を考え、身震いした。

おかしいですね。
強くならねば、などど言いつつも
あちらこちらへと、思考は彷徨っているようです。
まずは自分をたてなおすことかもしれません。




ケンさんが飾ってくれたデンファレが、自然光を受け、とても美しかった。

こう感じられるこころが嬉しく、
やはり大丈夫、と言い聞かせたりもしているんです。

へんですね。
今日は支離滅裂で、すみません。



そうそう、
海からあがり、ふと鏡を見ると
驚くほどやさしい表情の自分が、そこに映っていた。
地球に生かされている事への感謝と喜びを感じた瞬間。

それも、追記しておきます。











スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/180-f3b435fa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。