Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/20-785846fa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

熱い白砂ブレイク夢心地  藤原新也さんの写真

「ホラ、千葉イクゾ!」
と、自分に起こされる。
そうだ、今日は千葉だったね。

おなじ週末同じ時間でも、日によって
車の量がこんなにも違う。
いつも不思議だなあ、と思って見ているけれど
混む日、車のほとんどいない日、なにが違うのだろう?

お天気?お給料日?連休明け?
そんな事を考えながら、ちょい車多めの首都高を走る・・・
先週の快適ドライブを思い出し、軽快に走っていく予定が
途中で事故渋滞、故障渋滞の2カ所にはまる。
ううう。
と波の状態を気にしながら気持ちがざわつくが
「いかんいかん」と、まだ停車せずに走れるこの渋滞状況に感謝する。


R0010865_convert_20090620201241.jpg

それにしても首都高の構成のダイナミックさには、驚きと呆れと恐怖で
いつもドギマギ、早く抜けたい道路ナンバーワン!
落ち着いて走れない道であります。
その時代背景の活気ある「これからのトーキョー」の熱気の残骸が残されているよう。

なんとかそれらの渋滞箇所を通過し、思ったより早く、九十九里はもうわずか!
と気を抜くと、考え事のせいか
東金九十九里道路の入り口に入れずに通り過ぎてしまった。

それに気づかずに走る事数分。
あれれ?
この道じゃないぞ、と焦って適当な道に入る。
情けないなあ。

なにせ千葉はまだ3回目、という超ビギナー!
道はどこかで続いているはずなのに、予定していなかった道に動揺。
しかーし、平静を装って静かに道を進む。
今にして思えば、地図を見ればよかったのに
なぜか勘と匂いだけで進む。

R0010857_convert_20090620201405.jpg

その有料道路から見えるすばらしい田園風景を反対から見ながら走っていたようです。
それにしても、美しい緑。
のどかな風景が続くのが、波乗りへ行くまでの
そして、波乗り帰りのひとときを、ほっとやさしい気持ちにさせてくれる。


R0010851_convert_20090620201754.jpg

波乗り後の波風景。

「腰たまにハラ」というサイズだけど
引きいっぱいを過ぎて、一気に波が厚くなって来た。
インサイドにはショートボーダーが所々に集まって浮かんでいる。
遥か沖を見ると、なんとよさげな波が、割れているではありませんか!
しかも、無人じゃん!!
その波はインサイドまでは届かない波。


先週に引き続き、無人ブレイク(今日はパドル長め)での波乗りだあ。
すごい、すごい。
パドルで沖に向かう途中、海が深くなった事を感じた。

でも、今日のここの波は、決して良い波とは言えない。(のだと思う)
だからここで入っている人も少ないのかな。
サイズはあるのに、パドルを始めるとなかなか波に乗れない。
厚くてパワーもない。
乗れてもライディングは長くは続かなく、波が途中で消えてしまうかんじ。
難しいなあ。
きっと、上級者ならこんな波でも、「よっこらせ」とばかりに
余裕で乗っちゃうんだろうな。

いつもより沖での波待ちだったのだけど
途中で方向がわからなくなるような、不思議な感覚に陥った。
分厚い波のセットがが入り、乗らずに浮いて見ていた時
ぽよんぽよんといくつもの波が通り過ぎ、その波間の周囲に
人も陸も、見えなくなる事がしばしばあったのです。
ここはどこなんだっけ?
と不安になり、周囲になにも確認できないままぽつんと浮いてる状況が
急に不安になってしまう。
異次元空間に浮かんでいるような、感覚。
波の方向で陸がわかるはずなのだけど、見渡す左右方向の景色になにも見えないせいか
ものすごい孤独と不安に襲われた瞬間。
ちょっと、怖かったな。

そうだ、海の上は異次元の空間なんだな。
普段の自分のもつ感覚や、決めごとや、作り上げられてしまっているものが
もう、通用しないような世界。
大きな力に逆らう事はできず、また、そうしちゃいけない世界なんだ。

この世界の、小さな自分を確認した時でもありました。


海から上がると、一面の白砂はすっかり陽に焼けて裸足の足には熱かった。
あちち、と言いながら、車へ戻る。
でも冷えた足にその砂の熱さは気持ちよく、
そして現実世界へと引き戻される瞬間でもあります。


R0010846_2_convert_20090620201850.jpg




実は海に入る前に、一匹のワンコに好かれてしまった。
茶色く毛がくりんくりんの、ぬいぐるみのような犬。
デッキチェアに座った色白美人のご婦人と、しばしの談笑を楽しんだのだけど
そのワンコとご夫人は、まだそこにいらっしゃいました。
どなたかの波乗りの帰りを待っていたようで、お相手と思われる方が海から上がって来て、
手には黒いあの、COLEのボードを持っていらっしゃいました。
黒いボードに、黄色いフィンがステキです。
ワンコの写真を撮らせていただけば良かった!
ほんとにかわいいワンちゃんでした。 また会いたいなあ。


この浜はその広さのせいもあってか、集まる人々がみなゆるやかなんだよね。
サーファーもがつがつしていなくて、海に入る前、途中、その後の時間を
すごく優雅にすごしているように感じられる。
その時間やプロセスを、すごく大切にしているような、あったかさがある。
切羽詰まった怖い顔の人がいないというのが、
今のところ印象として強く残っている、白い砂の夢色ブレイクです。

思ったような波乗りはできなかったけれど
海の大きさを身をもって知った日として、深くこころに刻まれた日となった。


R0010799_2_convert_20090607165108.jpg



尊敬する、好きなフォトグラファーが何人かいて、
そのなかに藤原新也さんがいる。

毎月20日頃に地下鉄の駅などに置かれるフリーペーパー「metro min.」に
連載をもたれて今月で6年!になったそうだ。
しかも今月は最終回。


R0010873_convert_20090620201144.jpg


藤原さんのすばらしいのは、写真のみならず、文章も深く心揺すぶられるものである
ということ。
とってつけたような、どこかで拾って来たような浅はかな文章ではなく
ご自身の深い部分からにじみ出る言葉で
だからこんなに、こころが震えていつまでも残るものとなるのでしょう。

見開きで写真2ページ、文章2ページのボリューム。

なにげなく読み始めたページなのに
今では読まずにいられないほどのファンになってしまった。
今までの6年のバックナンバーがほしいなあ。

R0010875_convert_20090620201105.jpg


写真は、悲しいかな、その撮影者の本性が出るように思う。
いくら表向きを飾っても、写真でその人を感じられてしまうことがある。
怖いね。

この藤原さんの最終回号は、現在東京メトロ各所にあるはずです。
今回は「底冷えの風景の中に根を張る小さな雑草」
と題し、2000年に火山が噴火した三宅島を最近訪れた時の事を書かれています。
私はひとり帰宅途中の電車の中で、「うーむ」とうなり声をあげながら拝見しました。

この連載は終わってしまうけれど
これからもいろいろな場所で、藤原さんの色々を拝見させていただきますね。




コンビニで「キットカット ラムネ味」お試しサイズを発見!
うわあ、やりすぎやろ。
キットカットは昔から大好きで今でも仕事の合間によくいただきます。
ここ数年は販売戦略担当者が変わったのか
次々と新しい味を開発されていらっしゃいます。
ほぼすべての味見をさせていただいていますが・・・。

香料バリバリの小豆に続く、私の○○ランキング第2位!にしたいところかも。
味云々、よりも、なぜラムネをチョコにしなくてはならないの?
という疑問が残る一品でした。


R0010878_convert_20090620201034.jpg


ごちそうさまでした!













スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/20-785846fa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。