Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/228-8a0b4b8f

トラックバック

コメント

[C28] ハート

今朝もまた冷たい掌に甲斐甲斐しい文章を乗っけて共感しました。少くとも何かに長けている人がその反対側の人に否定的な言動をすることは罪だなとよく思うましてや過去の経験を潰してしまうなどの権利は何もないやってきたことには何1つ無駄なことはないと自負しているの サーファーである前に 人に優しくなることって 大切だと思う きっとそうされる時期に欠落して育ってしまったのだろうその事だって 攻めるより優しく導くことの方が素敵な事だと思う 信頼を踏み潰す言動は神聖な海でいっちゃいけないよね 今この瞬間からの自分をみていて欲しい。


  • 2011-12-15 08:18
  • ☆ぽにょ
  • URL
  • 編集

[C29] 純真

☆ぽにょさん

ふたたびのコメントを、ありがとうございます。
以前はその言葉の呪縛に捕われていたように思いますが、いまは感謝するのみです。
でも、しっかりと忘れずに大切にしていきます。
海にはできるだけ、否定的だったりマイナス方向の感覚を持ち込みたくないのです。
ただ純粋に、波と向き合いたいですね。



  • 2011-12-16 07:59
  • kei1205
  • URL
  • 編集

[C30] 安らぎ

返信コメントありがとうございます>^_^<♪今日は 何かを確信するために 伊豆白浜にきました♪優しい友と>^_^<
  • 2011-12-19 08:44
  • ☆ぽにょ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

やさしい 気持で

夕陽のなかにいると やさしい気持になるのは なぜだろう・・


暗い雲に覆われた空にわずかな隙間ができはじめ
やがてぽっかりと穴があいたように、高い空が顔を出す。

おおきな太陽がそこから コンニチハ とニコリとし、
海は一面、あたたかな光に包みこまれてしまった。


11121404.jpg


もうハッキリとわかってしまった事だけれど
近頃の私は、寒さに敏感になってしまっているのだ。

先日のブログでは 年齢のせいか という様な書き方をしたけれど
私としては、
波乗りを始め、すっかり太陽と仲良しになってしまったからだと思い込んでいる。

陽の光を浴びることで得られるあれやこれ、
それらが私にはあまりにおおきな事であって
このまま、その熱でこの身を芯から焦がしてしまえ、と思う事さえもある。

ああ、そうね、
実際、一年中、表面は焦げていますけれどね。

人生、思い込んだ者勝ち
と思う事もあって、
とにかくまあ、私の都合のいいように解釈する事にして、
太陽とは、年々よい関係を築いているのですね、きっと。


11121402.jpg


それで、今日の波。

きっと波情報も、よい事は言っていなかったのではないかしら?
ガランとし、それだけで寒々とした空気が流れていた。
いつもの鵠沼よ、どこへ行った??

しかし観察していると
ウネリは確かにやってきているのだ。

ここに来る前に、由比ガ浜から鎌倉を通り、海を観察してきたけれど
決して湖のようではなく、
波はないにしても、絶えずうっすらとしたウネリが入ってきていたのを確認してきている。
しかも、美しいウネリだった。

もしかして、やってくるかも・・!

そう思った私は、迷わず鵠沼での待機を決め、ジャブジャブと海へ。

結果、
ヒザから最大コシサイズのきれいな波。
浜まで長く乗って来られる波なので、気持よく小波乗りを約3時間ほど。

しかも、このような日だからでしょうか、
上級者がいらっしゃらないので
「本日乗り放題!」 という、金赤文字シール貼りの贅沢なオプションつきなのだ。



途中から、
銅像前のかたち良いレギュラーブレイクが、私ひとりの貸し切りとなってしまった。

そこで私は考える。

決して、前乗りしたり、波を独り占めしたりはしていないはず、と。
しかし、
今まで周りにいた、あまり波に乗れない方々は
私を遠ざけるように、両脇の離れたブレイクへと
じりじりじりじりと、移動してしまったようだ。

気の弱い私は考える。
皆に、申し訳ない事を、失礼をしていたのではないか、と。
しかし、
あまりそのような要素を、自分の過去数十分から抽出する事ができなかったのだ。

考えてもわからなくなり、
仕方なく、その状況に甘えることとした。
つまり、
金赤文字的波乗り放題に突入、という事態・・
これはタイヘン、忙しいぞ!!


11121405.jpg


美しい夕陽に包まれて、美しい波乗りを存分に楽しんだ私は
その余韻にたっぷりと浸りながら
暗くなり始めた江ノ島を眺め、ふと思う。

あのライトアップは、どうなのよ?

どうしてこう、飾りたがるのでしょうね。
あの、ツブツブとしたつながりは何でしょう?
デザイン意図が知りたい・・

そのような事を考えているうちに、先ほどまでの緩やかな余韻は
するりと私を抜け出して、どこかへ行ってしまったようです。

ああ、残念。

それから私は、ドライブスルーの熱いテイクアウトコーヒーを手に
その余りにもの風味のなさに愕然としながら、
やっとの思いで、家にたどり着いた次第。

よい事と、よくない事、
やはり世の中は、バランス、なのですね。




11121401.jpg


先日、波乗り先輩とのメールのやりとりで
「ゆっくりいきましょうね」
というような言葉をいただいた。

それで ハッとしたのだが
そう、私は、確かに焦っているのだ。

今でもそうだが、いつも波乗りをする時に頭から離れない言葉がある。

「上達が、遅い」

これは、3年ほど前に、あるプロサーファーから言われたひとこと。
海へ一緒に出かけて1度見ていただき、
5ヶ月後にまた見ていただいた時に、言い放たれた。

下手なのは十分承知しているけれど、
ものすごく悔しかった。

その日から、
その言葉は私から離れない。
もしかしたら、私が離さないのかもしれない。

波乗りを始めた年齢のせいにしてみたり、
自分へ甘えてみたり、
練習方法に迷ってみたり、
どのような波乗りをしたいのか解らなくなってみたり
そのような混沌としたなかで、いつもその言葉がついてまわる。

海でゆるりとしているようでも、
いつも私は、どこか焦っている。


11121406.jpg


焦っていいことない
と、これはまた、違うサーファーから言われた言葉。

そうだよね、わかっている。

それでも今日もまた、こうやってムキになってしまうのは
目指すところニコニコサーフなのだから、なんだか矛盾している気もする。

しかし、ニコニコに到達するには、それなりに経験と技術が必要なのだ。


悔しい想いを、やさしい気持に還元できたらいい。
うまくいかない事もすべて、貴重な経験になるはずだもの。

焦る、は、よくない。
けれど
ノンビリノンビリ、も、できない。

むつかしいな。




しばらくまだ、こんな葛藤のなかでのサーフィンになりそう。
それもまた、成長への過程だと信じたいものです。

いい一日です。
ありがとうございます。








スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/228-8a0b4b8f

トラックバック

コメント

[C28] ハート

今朝もまた冷たい掌に甲斐甲斐しい文章を乗っけて共感しました。少くとも何かに長けている人がその反対側の人に否定的な言動をすることは罪だなとよく思うましてや過去の経験を潰してしまうなどの権利は何もないやってきたことには何1つ無駄なことはないと自負しているの サーファーである前に 人に優しくなることって 大切だと思う きっとそうされる時期に欠落して育ってしまったのだろうその事だって 攻めるより優しく導くことの方が素敵な事だと思う 信頼を踏み潰す言動は神聖な海でいっちゃいけないよね 今この瞬間からの自分をみていて欲しい。


  • 2011-12-15 08:18
  • ☆ぽにょ
  • URL
  • 編集

[C29] 純真

☆ぽにょさん

ふたたびのコメントを、ありがとうございます。
以前はその言葉の呪縛に捕われていたように思いますが、いまは感謝するのみです。
でも、しっかりと忘れずに大切にしていきます。
海にはできるだけ、否定的だったりマイナス方向の感覚を持ち込みたくないのです。
ただ純粋に、波と向き合いたいですね。



  • 2011-12-16 07:59
  • kei1205
  • URL
  • 編集

[C30] 安らぎ

返信コメントありがとうございます>^_^<♪今日は 何かを確信するために 伊豆白浜にきました♪優しい友と>^_^<
  • 2011-12-19 08:44
  • ☆ぽにょ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。