Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/240-ec9efc1d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

波と 笑いと 男と女

ああ、波に乗りたいなあ。
と、近頃はいつも考えている。


11090410.jpg


私はいつも、ひとりで海に入っている。
波乗り仲間と呼べる友人が多くいないこともあるが
なぜそうなったかというと、それにはきちんと理由があるのだ。

その理由はここでは置いておくとして、
さて、しかし
私にも波乗りを趣味とする友人が少数、いることには、いる。

海のうえで偶然会っては楽しくサーフし
そして、それぞれの時間になると 「じゃあね」 と言って帰ってゆく。

波次第、というところではあるが
海のうえで話す事や時間には限りがある。
よしそれならば、たまにはじっくりと陸のうえで話そうじゃないの、
ということになり、波乗人のうちの一人と待ち合わせた。

話の流れからお互いの嗜好をかぎつけ、迷わず焼肉店へ行く事に。

ハイ、ワタシ ヤサイダイスキデスガ ニクモ アイシテイマス


12011804.jpg

↑肉とトックの、アンサンブル
仲良くトライアングルを描いてます
 

大学時代からの友人、食通のモジョにその事を話すと
「いいなー、いいなー」 と妙な目力を感じ
「・・一緒、イク?」 と言わざるを得なくなった。

「イクー!」
と、無邪気にはしゃぐモジョを見ていたら
ああ、誘ってよかったな、といつも思う。


12011803.jpg


私が初めて海に入った5年ほど前から、一応知っている あべちゃん。

東大出身の博士であり、生命体の不思議について深く研究を重ねる彼は
実験のわずかな隙間を計っては、こまめに海へ通っている。
そして、波乗りはうまい。

ただ波乗りが上手、というだけでは残念ながら私の興味のなかには入って来ないのだが
彼はどうやら、私が目指すところの
「自由な波乗り」 を尊重する人物なのではないか、
と最近になってわかってきたのだ。

そしてこのような私のヘッピリサーフを、応援してくれている・・ような気がして
これはぜひとも、酌を交わさねば、となった。


12011802.jpg


そして、料理研究家であり、酒豪のモジョさん。

私にとっては波乗りの大先輩にあたる訳だが
その、ゴーゴー!サーフぶりには、皆が驚きおののき
彼女の周囲には道が出来るという。

たまにしか会えないのだが、会えば自分が自分でいられるのは
長くゆるい友人関係の証なのだろうと思う。



この日の主な話題は

*ヒトゲノムの守護神と、生命体の内部活動のふしぎについて
*人の恋、あなたの恋、そして私の恋愛騒動記
*波乗りについての、極めてマジメなあれこれについて
*サーフボード形状と波の状態の相性、Q&A
*ある地域のあたたかなサーファー物語
*目指せ理系と、国語必須の微妙な関係
*肉はどう焼くか



などなど、話題は多岐に渡り
また数時間では話し尽くせない事がわかり、次回への持ち越しとなった。

このように、波乗りばかりでなく様々な話題で盛り上がれる関係とは
なんとステキなのだろうと思う。

5時間が、50分に感じられたこの日
名残惜しき気持を握手でぎゅっと握りしめ
ぎゅうぎゅうとなる大都会トーキョーの最終電車に揺られながら
ほんわかとあたたかな余韻に、ぷかぷかと身をゆだねる。

なんと、豊かな時間

おふたりとも、よき日をありがとう。


11090414.jpg


そういえば
週末への波期待指数が、ぐんぐんと上がっているよう。
私は、週明けを目指そう。

2012年
今年は、まだ入らせていただいたことのないブレイクを
いくつか目標にしている。

昨年、衝撃的に解ったが
いままで見えなかった世界や波が、いきなりみえてくる事というのがあるのだ。
そしてそれに気がついた時、その先へ進む道標のようなものが
うっすらと現れ始める。


今年は、どのようなことに気づけるかな。
楽しみで楽しみで仕方ない、といった感じ、予感。



12011801.jpg



まだまだ寒いけれど
近頃、身体が妙な感覚に支配されつつある。

そういえば、昨年も1月3週目に
すでに春を感じていた、私の身体なのだ。
今年も、そろそろかもしれないな。



みなさま、週末にむけて
無理せず慌てずにお過ごしくださいね。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/240-ec9efc1d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。