Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/243-984153bc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

試練 大福 夕焼波

12020419.jpg


ミナサマ オゲンキデスカ・・?

いろいろあって、すっかりブログをサボってしまった。
まあ、そのような時期もありますよね。



12020303_convert_20120205064643.jpg


決戦の日。

とは、大袈裟かな。
先日プレゼントした iPod nano を握りしめて、クーはいざその場所へ。

通勤電車のなか ぎゅうっと押されながらもビートを刻むクー。
しかし、表情は硬く、若干顔色が白く感じられるところを見ると
やはり、緊張しているのだろう。

この日のために転送した100曲のうちの、なにを聞いていたのかな。
しきりに曲目を指先でスクロールしている・・


12020301_convert_20120205064429.jpg


試験時間約4時間のあいだ、さて 何をして待とうか。

スーツ姿の人々と逆行し、まずはマックで 「とりあえずコーヒー」 をオーダーする。

「新発売の メープルカスタードパイは いかがですかあ?」
と必要以上な声量でおススメされたため
「いいですね、ぜひ。」
と、ニコリとすると
「ありがとうございますー。」
と、これまた更なる裏声とともに、冷めかけたパイが提供された。

しかしその想像以上の味に意表をつかれ
なんだか今日が、よい一日になるような予感に取り憑かれてしまった。

なんという、単純な自分。

そして、しばらく編物などすすめてみる。
気に入った糸があったので、帽子をつくりたいのです。



12020401.jpg


4時間連続編物は ちょっとツライな。

そう思っていると、思い出した。
ここが、どこなのか・・

そうそう、ここはあの、巣鴨!
おばあちゃん・・いえ、おばさま・・じゃなくて
おねえさま方の原宿と言われる場所ではアリマセンカ!!

なぜか朝からサラリーマンで満席のマックを抜け出し、向かうは とげぬき地蔵。
未知の場所に向かうのは、いつもとてつもなく楽しくなってくる。



12020402.jpg


ニュースなどでよく見る、これがあの煙ですね。
と嬉しくなり、
私も迷わずたくさんの煙を浴びてみる。
そして、咳き込む。

さらに 参拝。

昔から名前だけはよく知っていたのだが
その知名度からは想像し得ない敷地の狭さに、驚いた。
しかも、人があまりいないぞ・・


12020403.jpg


洗い観音を初めて知り 見に行くと
バッグからおもむろに取り出したタオルで 皆がゴシゴシと洗う姿に圧倒されてしまった。

となりの屋台では、タオル1枚100円 となっている。

洗いながらおねえさまがたは
「今日は空いてていいわねー、
 いつもは遠慮がちだから、今日はしっかり洗いましょう!(ゴシゴシ)
 みんな 夕方4時に来るからねえ」 
などと嬉しそうに話しているのが気になった。

その訳は・・


12020408.jpg


これ!
夕方4時から 豆まきしちゃうぞー という大々的なイベントがあったのですね。

あまりのガランとした雰囲気に拍子抜けしていた私も納得。
つまり、
おねえさま方の原宿は 本日は夕方にピークを迎える という段取りのよう。
立ち聞きした話では どれだけ混雑するのか、想像するのもコワイ。


まだまだ待ち時間は長いので
地蔵通り商店街の散策に出かけることにする。




12020412.jpg


いきなり目に飛び込んできた。
日本一の赤パンツ って、すごい!

店内赤色一色で、とにかく目がチカチカチカチカ・・
この商店街の年齢層 つまり 商品のターゲット層がよくわかりますね。


12020406.jpg


いいカンジの履物屋さん

こういう雰囲気の店が、私の地元からは次々と無くなって行く。
この店を見て、幼い頃に地元商店街を走り回っていた自分の姿が想い出されたりして。
じんわりと目頭が熱くなった。


12020409.jpg


そのような郷愁に油断していると、コレ!
ワオ、すごいデザインだなあ。

デザインを勉強している端くれとして あらためてその世界の奥深さにため息・・
すごいなあ、やるなあ、身につけているところを見てみたいなあ。

じっくりと1枚1枚を解析してみると、
その色柄合わせの妙に魅せられていく自分がいて、これまたびっくり。


このような高級風味ランジェリーにドキドキとしていると

12020410.jpg


ほら、タイヤキ90円ですって!

この通りの価格設定がよくわからないが、
さきほど食べてしまったメープルカスタードパイに後悔したことだけは、よくわかる。

散策の基本は 「満たされずして ゆけ」 であると、しっかりと身に刻みつけた。


12020405.jpg


大好きなみがきにしんを発見!
おいしそー。

そして、京都行きたい、行きたい、行きたい~!!
と、始まってしまった。
それは、私の京都初めて旅の想い出の味は ニシンそば であり
それを連想させるニシンを見かけてしまった事は
必然的に、今とても行きたい場所のひとつである京都に結びついてしまうからである。

今年こそ、行ってみるのだ。
と、あらためて心にかたく誓うこととなった。

京都のみなさま~、早くお会いしたいですう。


12020417.jpg


そしてこれまた、大好きな漬け物屋さん。

店内ディスプレイが小洒落ていたために、
「観光客目当てなど、ダマされないぞ!」 と警戒はするのだが
どうやらここは、本当によさげな店だと理解する。

とりあえずは初体験とあり 
*タマネギのしょうゆ漬け            
*茄子のわさび漬け
の二品のみで止めておく。

自宅に帰り更にわかった事は、ここの漬け物は絶品!ということ。
即、お取り寄せを決めたのであります。


12020416.jpg


有名すぎる塩大福に納得し、
その小豆の味の深さに悶絶。

夢見心地でうっとりとしていると
後方に並んでいたおねえさま方のあまりのパワーに、
そのやんわりとした雰囲気は一気にどこかへ飛んで行ってしまった。

ここで、現実に引き戻されることとなる。


12020414.jpg


懐かしい雰囲気の古い商店にゆるりとしていると
その小径の向こうに、高層マンションが見えた。

こういう事なのだなあ、と少し胸がきゅんとなり
そしてまた、これから大切にしていきたいと思う商店街を、ゆっくりと歩き出す。

どちらがいい、悪い、という事でなく。
それなのに、どうしてこのような気持になるのだろうか。


12020413.jpg


この商店街は、まさに このワンコの表情そのもの


12020411.jpg


カラフルな傘屋のファサードディスプレイ。

太陽光があまりにも眩しいことに、ふと空を見上げると・・


12020415.jpg


すっきりとした、どこまでも続く青空が頭上にあった。

なんと、すがすがしい朝だろう。
町のなかだというのに、この澄んだ空気はなんだろう。



試験を終えたクーを迎えにいくと、開口一番 「おなか、ぺこぺこー!」

近所のデニーズへ入ると、
ここは試験打ち上げ会場か!! と言いたくなるような客構成。

しっかりと食事をし、気の抜けた親子は
フラフラになりながらやっと家にだどり着いた。



2020421.jpg


休日にサーフは欠かさない。

これは、私の勝手な約束事、なのだけど
さすがの私も、もう立っていられないほどの脱力感に満たされてしまった。

「車だと、間違いなく道から落ちるね」 
とは、クーと私の合致した意見であり、重い足を引きずりながら小田急線に乗り込む。

・・どうしてここまでして、海に行くのかな・・

この日の予想、徐々にサイズダウン、そして今頃は、ヒザサイズ・・最悪スネ。


しかし夕方に海岸へ出てみると
モモ~たまに腰のセットが入ってきていて、しかも、数名のサーファーのみ。

乗りたい波には、乗れまっせ!
状態に、息を切らせながらトライしてみる。

この日の私は身体のバランスが崩れており、それを知ったうえでの波乗りなのだが
それでもやはり 「キテヨカッタ!!」 となるのだから
どれだけ海が大切なのかと、自分自身にあらためて問うてみる。

日の入まで1時間、
そして、沈んでしまってからも、海からあがることはしない。



私は太陽が沈みきってからの時間が、たまらなく好きなのだ。

空やそこに浮かぶ雲たちが、劇的に色を変えるのもこの時間で
更には、それを反射する海面の美しさと言ったら、
どんなに言葉巧みな人物にだって、表現するのは不可能だ。

サーファー達はすでにいなくなり、私ともう一人のみ。

じっと空を仰ぎ沖を見つめていると
私の周囲の空間が、静寂に包まれていることに気がついた。

波が崩れる音はする、しかし、とにかく静かだった。
風もほとんど ない。

とろりとした海面は、深い藍色の影を何層にもつくり出し
照らされるオレンジ色とのコントラストに、この世の美しいことを しっかりとわからされた。

なんとすばらしい時間。
このような体験を、私ひとりができるという、しあわせ。
そして同時に、誰かと共有したいのにという欲求にも駆られる、凡人の自分。


この時間、この場所にいられてよかった。
今日もすばらしい体験を、ありがとうございます。




12020420.jpg


ビールを飲みながら電車に揺られ、帰宅。
もちろん、爆睡モードに突入・・

そして
本当によくやったね、と、クーのこの1年の努力を抱きしめる。

結果はどうあれ、がんばったぞ。
おつかれさま!



ゆっくり、休もうね。
すでに夢の中にいるクーに囁いて、そっと電灯を消した。

おやすみなさい。







スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/243-984153bc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。