Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/255-620f8e88

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

原点に かえる

12032902.jpg


長くつづく砂浜のうえに、大の字になって思い切り手足を伸ばす。
視界には突き抜けるような空の蒼しかなく、眩しすぎてそっと瞼を閉じた。

地球の鼓動が聞こえてくるようで
耳に入ってくる低音と振動が、体内回帰を思わせるようだ。

この2日間は連休で、
昨日は湘南、そして今日は千葉での波乗りとなった。

他にもいろいろと用事があり
波乗りと他とをどのような時間配分で考えるのかが、前日までの課題となる。



前回のブログでも書いたが
「私は波乗りを楽しんでいるのか』
が、この2日間のテーマであり、何か手がかりがあればと
祈るような気持で向かった海だった。

昨日の湘南

波情報では 「風波とわりきって~」 というようなフレーズを多く目にし
そのつもりで波を見に行く。

情報を鵜呑みにはしないほうだが、
ざわざわとした海面、ピークの定まらない小波が出始めていて
その心づもりで仕度に戻った。

ゆっくりと着替え、ゆっくりとボードを準備し、ゆっくりと自転車をこぐ。

あれ?

海岸へ到着すると
つい30分前に見た海とは、別人の表情だった。
風は弱く、波はまとまり、きれいなラインを描いている!

このような事もあるのですね。

結果、それから1時間半~2時間、ヘトヘトになるほど波に乗った。

波情報のせいかサーファーがほとんどおらず、
1本乗って沖に帰るとまたすぐにまとまった波が来て・・の繰り返し。
なんということだろう・・
休んでいるヒマがなく 「いけ!乗れ!」 と誰かに言われているようだった。

まあ、腰波ですからね、上級者には魅力的な波とは言えないのでしょうが
初心者にとっては絶好のチャンス。

そしてその後、怖いくらいの突風とともに波は一変、一気に海面は乱れ
ボードを回せないくらいの強風に変わったのだから、海ってわからない。


朝から何も食べていなかったので
お腹はぺこぺこ、身体はクタクタ、もちろんお酒も少しいただき
何ヶ月ぶりだろう?というくらい、ぐっすりと眠った。

朝の目覚ましを消したところで
もっと寝ていたい、海はやめようカナ・・?
と思うほどの心地よい眠りだったようで、
しかしそこはスパルタ式に自分に喝を入れ、30分で仕度をし、車を出した。


12032901.jpg

そして、千葉へ。

寒い時期、すっかり足が遠のいてしまったけれど
陽射しは間違いなく春だった。

千葉はある意味、私のサーフィン独立記念にもあたる想い出深い場所。
今日は、自分の波乗りに対する低迷している想いに
なにか見つけられないかと考えての出発だった。

あいにく、千葉も小波。
しかし、きれいに割れていて、ショートボードでも乗れる波だった。

どこにしようかと、いくつかのポイントを見て回り
結局、自分の千葉原点とも言える、大好きな場所に決めた。


ここは、海は広い と、そのような当たり前のことを教えてくれた場所。
それまでの私は、それに気づかずにサーフィンをしていた。
ボードとともに海へ潜り、小波ながら割れる白い泡の衝撃を全身で受け
風を嗅ぎ、光の眩しさに眼を細めながら、そのあたたかさを身に溶かすうちに
忘れていたような ちいさな出来事を、たくさん想い出した。

この場所で経験したこと

美しい貝殻をたくさんみつけたこと

それとともに、ゴミもたくさん拾ったこと

ゴミを集めていて 「ありがとう」 と地元の方に言われたこと

「どうぞ、海へ入っていって」 と柔らかい笑顔で言われたこと

見たこともない乗り物で、空を飛ぶ人がいること

浜辺のちいさな花が、かわいらしく、しっかりと息づいていること

金栗色の蛇が、目の前を横切ったこと

冷たい雨に、気持が萎えそうになったこと

地元のおじちゃん、おばちゃんたちから、昔の海の話をたくさん聞いたこと

そして コンニチハ の挨拶が こんなにすてきなものだと教えられたこと

数百メートルに渡って、セグロイワシが大量に打ち上げられていたこと

エチゼンクラゲと一緒に、サーフィンしたこと

台風で沖に流され、傷だらけでやっと戻ってきたこと

そうだ、ウミガメに出逢ったのも、この場所だった。



濃霧のなかの、ウミガメとの出会い。
すばらしい体験だったなあ・・↓
http://keikee1205.blog10.fc2.com/blog-entry-130.html

10072504.jpg

大量イワシブログはコチラ↓
http://keikee1205.blog10.fc2.com/blog-entry-74.html


昨日と今日
全く違う波で、ロングボードとショートボード
そうしてたどり着いたのは、



・・波乗りって、楽しい!

もう、それだけだった。


12032904.jpg


家に戻ると
雪のような花が、たくさん咲いていた。

これでいいよね。

考えないで
いえいえ考えることも大切なのですけれど
とにかく、やってみようよ、って思えた。

忘れていた想いがふつふつとこころに灯りをともし始め
約1年間、ひとりで通っていた千葉の海で
なぜここまで来たのかを、確認できたような気がする。

迷うこともあるさ、人間だもの
と、相田みつをさん風の言葉が浮かんで
しかし大切なのは、それを曖昧にしないことかな、とも感じた。

付加される様々な要素に翻弄されるときもあるけれど
何が大切なの? って、自分に問うこと。
自分のなかの軸って、なんなのだろう? と確認すること。


私はやはり、まだまだヘタッピなのですが
海が、波乗りが、大好きみたいです。


12032903.jpg


帰宅してウェットスーツやらブーツやらを洗い
洗車して
次の用事への準備まで、あと15分! となってしまった。

しかしどうしてもボードが気になり
一気にワックス剥がしを決行。

これでまた、あたらしい気持で次回を迎えられるな。


ワックスを落としたサーフボードって、本当に気持イイ!
それだけで、なんだか次の波乗りへの気持があがるから、不思議。

サーフボードは単なる波乗りの道具に過ぎないのかもしれないけれど
私にとっては、とても重要なアイテム。
だから、大切にします。



よい2連休でした。
ありがとうございました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/255-620f8e88

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。