Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/257-cedeaaf0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

サクラと泡の ピンクな一日

サクラサク・・


この週末はどうやら絶好のお花見日和だったようで
きっと都内公園各地では、楽しい宴がひらかれていたのでしょう。

私はあいにくのお仕事・・残念!


12040906.jpg


サクラといえば皆が宴会モードかと思うのは間違いで
人々は、それぞれの地で
きっと様々な想いで満開のサクラを見つめているに違いない。

それでもやはり、花っていいね。
日々の暮らしに、必要なもののひとつだと強く感じる。


12040901.jpg


そして今日はクーの中学校入学式があり
もちろん、参列してきたところ。

何枚かシャッターを押して
何か変ダナ・・???
と思っていたら、なんと以前のマニュアルモード設定のままだった。

それに気がついたのは、実は午後に入ってから。
あらら、もっと早くに気づこうよね。


12040902.jpg


そんなクーが近頃大切にしているもの。

なんだか毎朝、霧吹きを持って慌ただしく家の中を行ったり来たりしていると思ったら
いくつかの何かを、育てている最中のよう。

中身は不明だけれど、写真のこれは
もとはカップに茶色い土が入っているだけだった。

それが日に日に白くなり、オレンジになり、
得体の知れない何かが、確実に培養されている雰囲気。
そこで思いきって聞いてみると
「きのこを育ててるんだよ」 と、さらり。

この白いのやらオレンジのやらは
どうやら菌類が育っていく過程のなにかであるようで
クー曰く、順調に育っているようなので、そのうちキノコ類の何かが出現するのだろう。

キノコファミリー ラヴ! の私としては
どうやって料理しようかと、そればかり考えている。

楽しみだなあ。


12040903.jpg


入学式も無事に終わり
すっかり中学生の雰囲気をまとった皆を見て感激した私は
そのまま、海へと向かうことにした。

今日も風が出て来るらしく・・
近頃、風波確率が相当上がっている私なのだ。

車のなかにいると、実際どのくらい風が吹いているのかはわからないが
トンビの飛び方で、その具合を知るようになった。

ちなみにこの写真も、なぜかマニュアルモードのまま。
写真自体も、とんじゃってるなあ。

あとは運転中に窓から手を出して風を感じているけれど
これは何かの合図のように間違われることもあり、タイミングがムツカしい。


12040904.jpg


車で湘南に向かう時には、由比ガ浜から西に向けて波チェックしてゆく。

由比ガ浜、遠くにシークレット、鎌倉一帯、水族館から鵠沼

鎌倉は、風波で波数多いけれど
ロングボードなら楽しめそうな波だった。
しかし、なぜか無人・・

よし、ワシ行くで、鎌倉行くで、
と決心してみるも、風が想像以上に強い時間で
自転車にロングボードを積み
車を気にしながら国道をひたすら走っていくことを想像すると
スミマセン、やはり止めておきます! となった。

そこで結局、水族館前あたりで。

ここもほぼ無人で
確認出来たのは、わずか2名だけだった。

私が入った時間が風のピークのようだったけれど
波は最大ハラサイズくらいになり、
乗った波の中で2本、たったの2本だけれど
印象深い波乗りができた。

それにしても、
周囲に人がいないことで、こんなにも思い切りサーフィンできるとは。
ただ目の前の波だけに集中できることの喜びと
周囲環境によって気持を乱されないコントロールを身につけること、という教えを
代わる代わる反復し、身体に刻む波乗りとなった。

肉体的にもハードなコンディションだけれど
やはり今日も海へ来てみて、よかった。


12040905.jpg


昼間の 「どうよ、ワタシヲミテ!!」 と言わんばかりのサクラも好きだけれど
実は、夜の闇に影を落とす、妖艶なサクラが大好きなのだ。

影のある美しさ
ストーリーを想像させるような色と立ち姿

それで、
波乗りの後に、大好きな公園に寄り道して
ひとり夜桜見学をしてきた。

すばらしく美しい花たちに時間を忘れ、
そよそよと流れる微弱な風に身をまかせ、花に問いかけるひととき。

このような時間が、私にはいま足りていないのだな と実感。



そうそう、海からあがり、じっと波を見つめていた時
ちょうど夕暮れ時刻となり、あの、大好きな変化が訪れた。

久しぶりの、夕方の海。

真っ白な泡に、サクラ貝のような 淡いが存在感のあるピンクが溶けていくのを
ただひたすらに見守っていた。



今日はたくさんの、うつくしいもの に出逢えた。
やはり、動いてみなくては得られないあれこれがあるのですね。

まだ消化できないほどの、よい1日。
日々、いろいろとあるけれど
今日もすばらしい時間を、ありがとうございました。




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/257-cedeaaf0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。