Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/261-f4a0db85

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

新緑色の 波乗りデイ

ええと、これはいつだったかな?
たしかこの前の日曜日の鵠沼あたり。

すごい光景に
ワタシ トテモハイレマセン!
と、すぐに自転車を走らせた。

12050302.jpg


峰ヶ原に到着。

思わず眼で追ってしまう という方に時々海の上で出逢う。
それは、ただ上級者だからということではなく
あの感覚・・なんなのでしょうね。
気がつくとその人を見ている というようなサーファー。

この時もおひとりだけ、そのような方がいらした。

あるとき
美しい 腰サイズくらいの波がやってきて
その方が当然乗られるのだろうとチラリと見ると
なんと、ニコリとしながら顎で 「行け」 としてくださった。
もちろん、甘えさせていただきテイクオフすると
驚くほどのスムースさで、ボードが滑り出した。

なるほど、いい波とは こうなのですね。

それからその方は
「あと5センチ前に出てごらん、テイクオフが楽に出来るよ」
などといくつかのアドバイスをくださったり、
時々 ひゅーひゅー! としてくださったり・・
おかげさまで 気持よく楽しく そして真剣に
たくさんの波に乗らせていただくことができた。

ムードメイカー とはこういうことか
と実感したのはその方が陸へ上がられたあとで
その後、海上の空気が一変、嫌な気持になり
私も早々にその場所をあとにした。

楽しく真剣に波乗りをするためにどうあるべきか
それをまた わからされた気がする。


12050301.jpg


初心者は初心者なりに 波予想をする。
有料波情報を半分しか信じていないので 自分の行動に責任を持つべく
それはもう、必死の作業。

仕事の合間、帰宅してから
風向き予想や潮の満ち引き 低高気圧の移動経路
そのようなものを合わせて 少ない知識で自分予報を出してみる。

もちろん必ずしも当たる訳ではないけれど
こうやって予想と現実 つまり 宿題と答え合わせ
のような作業を繰り返しながら、あれこれを学んでいるのだと実感している。


12050306.jpg


そうして今朝は
3カ所くらいの候補のなかから、まずは由比ケ浜坂の下。

理由は、海面がクリーンで 短い板でもできる波だから。
それと 初心者向きのサイズとかたち。


朝 雨のなか傘をささずに波チェック。
薄着で出てきてしまい、寒気にガチガチとなっている。
ヨシ、ここにしようと 少し離れた車にうつむき気味で移動中に
「おはよー」
と底抜けに明るい声がして、ニコニコ男子が運転しながら登場。

すてきな笑顔に一瞬どなたかわからず どきりとしていると
なんと The Area 51の 川高さんだった。

やって来た方角から あそこかな とは思ったのだが
「どこで入るのですかあー?」 と聞いてみると
「○○でやってきたとこだよー」 と、更ににっこにこ。 

注:○○はシークレット

あっというまに去られたけれど
その少しの会話とやわらかい笑顔に一気にハッピーな気持になり
駐車場に向かおうと、車に乗り込んだ。

ん?
前から、見たことのある車がやってくるぞ・・
と思ったら、今度は前回のブログにも書いた Action Glass Works の
大貫氏だった。
同じ方角からきたので、やはりシークレットなのだろう。

窓を開けたが気づかれず、バックミラー越しにすぐに電話。
いくつかのやりとりをし、近いうちにまたお会いすることとなった。
楽しみ!

連続して先輩方とお会いできるとは。 
これからの波乗りに かなり気持が上がってきた このころ。


12050307.jpg


あっという間に リペアから戻ってきてくれたボード。
すぐに入水して大丈夫なものなのか? と不安に思っていたが
これは樹脂のスペシャリスト大貫氏による仕事
安心して 波に向かう事が出来た。

そうして
メロウな波ながら、何回も乗らせていただいた。

これだけ人が浮いているなかで何回もというのは、
波を待つ場所が 大多数の人々と異なっていたためかもしれない。


12050304.jpg


そうして このボードでの波乗りの感覚を忘れたくなくて
波が無くなってきた由比ケ浜をあとに 鎌倉へ移動。

ここでまた 原付バイクで波チェック中の先輩に遭遇。
今日は本当によく 波乗り上級者の方々にお会いするなあ。

しかし潮があげてきたその時間には
すっかりロングボード向きの波へとかわっていた。
板を乗り換えればよかったと、反省。

何度かインサイドでテイクオフをしかけたのだが
目の前に数人浮いていたり 何人も同時に波に乗ろうとしているので
すっかりこわくなって 今日はここで終了とした。

未練がましく最後に鵠沼を見に行ったのだが
あまりの人の多さに さらなる目眩をおぼえて
もうすぐに、帰り支度をはじめてしまった。

久しぶりの坂の下、楽しかったな。


12050311.jpg


帰り道
行く道行く道 あまりに美しい色が眼に飛び込んでくるものだから
そのまま大好きな公園に寄り道してみる。

雨に濡れた新緑たちは静かに輝き やはりパワーに満ちていて
私はそのなかで 深くゆっくりと呼吸をしてみる。

この季節独特の この緑の色が好き。
緑なのだけど、時々 眼の錯覚かと思うような黄金色にみえることがある。
新芽だけがもつ オーラだろうか。


12050312.jpg


雨と言えば 苔もいい。
水のしたたるこのような日にも たくさんの楽しみ方があるのだ。


12050303.jpg


でも私は 雨の日の運転は少し苦手。
視界が狭くなるし 滑るし 事故にならぬようにとヒヤヒヤしている。

今朝の第三京浜も まっしろ!
雨の強い日には、ライトをつけましょうね。
自分は見えていても、他人からは見えていないことはある。

実はこの景色の先には 5台ほどの車がまとまって走行中。
・・まったく見えないな。

自分が他者ならどうなのか?
結局は そのような視点なのだと思う。





波の続く連休となりそう。
みなさま事故のないよう すてきな休日を!



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/261-f4a0db85

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。