Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波に乗る日を かぞえてみる

おはようございます!

12052803.jpg


と、誰にでもニコニコとおおきな声で挨拶したい。
そのために、無理矢理自分の気持を起こすのも大切。
そうすればいずれ自然と、笑顔で挨拶できる朝がやってくるから。

一日の始まりがいいと、その日は大抵よい日になる。
見知らぬ人々とも、アイコンタクトで気持よい挨拶ができたら最高!


12052811.jpg


幼稚園、小学校と運動会は10月しかしらなかった私だけれど
この度、風薫る5月の運動会 というものを初体験した。

あまりの爽やかな心地よさに
運動会は絶対5月に!
と、自分のなかで決めた。

中学生の運動会というものは
幼稚園、小学校の時に味わってきた独特の可愛らしさというものが、まるでない。
しかし、
つい数ヶ月前まで小学生だったとは思えないような皆の成長ぶりを目の当たりにし
感激に胸が時折、熱くなった。

自分の子も、ほかの家の子どもたちも
皆の成長が、とにかく嬉しい。
このような気持になれるのは、私が親になれたから。
みんな、本当にありがとうね!


12052805.jpg


クーの足の成長ぶりは止まることをしらず、この靴はつくりが小さめではあるのだが
なんと、27.5センチとなってしまった。

小学生のときに
「僕がおとなになったら、履ける靴はあるのかな・・」
と本気で心配していたクーだけれど、
今は私の方が、ちょっと心配になってきたぞ。
ジャンボサイズでカッコいい靴って、あるのかなあ??

しかし考えてみれば、おおきくなるからと心配できるなんて
それも贅沢な悩みではある。
オーダーすれば、いくらでもおおきく作れるのだろうし
なんてことない悩みということにしておこう。


12052807.jpg


トーキョーに住み、休日が決まっている私は
休みの日には何としてでも、波に乗りたいのだ。

それは以前に、
1年間に何回波に乗れる日があるのだろう? と試算したことから始まる。
いくつかの年間休日パターンを出し、それに基づいて計算したのだが
結果を見て、ガクリと肩を落とす数値しか出て来なかった。

しかしその時思ったのは
例え毎日海に入れる環境にあったとしても、だからといって
波乗りがうまくなるとは限らない、ということ。
これは気休めといえばそうなのだけれど、つまり
自分自身の心構えによって、ある程度はどうにでもなるのではないか? 
というおはなし。

・・いやいや、なりませんよ、本当はね。
それは、練習の回数を重ねたほうが、上達するに決まっている。

だから私はいつも考える。
考えて時間を捻出し、考えて練習する。

惰性で海には入らない。
ダメな日もいい日も、いつもそこから何かを得ようと、気づきを探している。

2年くらい前だったか、ある先輩サーファーからのお言葉。
「なにも考えないで、ただ波に乗っているサーファーが多いんだよ。
 だから、そうやって感じながらサーフィンをすることが大切なんだよ。」
って。

その日の風、太陽の光と気温
地形や波質によって足の裏から伝わってくる波の感覚の違い
水の飛沫から、巻かれた波のパワーから
波のかたち、サイズ、崩れ方、
どの波なら乗れるのか、どの波に乗っては危険なのか、
眼で見て、全身の感覚を研ぎすませ、感じる。
感じるだけではなく、それを行動に反映させなくてはならないが
そこがまた、難しい。

季節や潮位、ウネリと風の向き
自然条件の組み合わせは無数であり、
それがサーフィンの難しいところで、ひとつとして同じ波はないという理由のひとつ。
経験を重ね、自分のなかでデータを蓄積し、予想する。


12052802.jpg


これは、今日の波。
これは、いい波ですか?

台風からの波がヒットしたのであろう、日曜日の湘南。
私はあいにくのお仕事で、それで本日の波乗りとなった。
きっと湘南はどこも、大混雑だったのだろうな・・
サイズはあったのだろうけれど、いい波だったのかな・・?

そう、よくサーファー同士の会話では
「いい波だった?」
というフレーズがあるけれど、
よい波って、人によって違うのだなあ、とも近頃よく考える。

パーフェクトな波、というのはあるけれど それは別として、
人それぞれに合ったよい波 というものがあるので
私は 「いい波?」 と聞かれると必ず
「私にはいい波でしたよ、でも、一般的にはどうでしょうね・・」
と、とりあえず答えることにしている。

そうすれば相手によい波を逃した悔しさを感じさせることもなく
人それぞれいい波は違うでしょう、というニュアンスも込めつつ・・
という意図があるのだが
一体それが、どこまで伝わっているのかはわからない。

経験豊富な上級者はそれを見事に受け止めてくれ、
フーン、とニコニコする中級者もいたりして。


それで本日の波ですが
私にはよい波! がいくつかあって、
今のショートボードになってから初めて、おおー、と思える波乗りができた。

私の技術ではなく、波が助けてくれたのですね。
すばらしい体験を ありがとうございました。
それにしても、とても気持よい波乗りができたので、またそれを糧に頑張ろう。


ヒ#12442;クチャ 2
©AGW

時々YOU TUBEの動画から画像を取り出し、勉強させていただいている。
先輩のような、大波でも安定した波乗りができるようになりたいな・・
美しいライン、動じない姿勢、自由でのびのびとした動き


12052801.jpg


鎌倉の海岸風景
台風の波は、遠くからもたくさんのものを運んでくるよう。
これらは、どなたがまとめてくださったのでしょう。

海の上でも、流木以外のたくさんのおおきな漂流物を見つけた。
おおきくて、危ない物もあった。
海や海岸で、自然のものでないゴミは見つけたくないな。

そのような気持の積み重ね、ですね。


12052804.jpg


いつもこのように、助手席に座っておられるサーフボード。
今日も一日ありがとう、と言って そっとレールを撫でてみる。

たくさん運動したあとの運転は、つらい。
なにがツライかというと、睡魔! それにつきる。

眠気対策はいくつかあって
いまのところ 「チュッパチャップス ストロベリー味」 が有効なのだが
ある日ラジオから流れたこれを熱唱するのも、またけっこうな手段となっているのだ。
クー以外の人々の前では、決して披露出来ませんがね。

ぜひ、お試しあれ!






ちょっとナルなPVがコワイケド・・

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。