Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/27-fff05d50

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

宇宙に溶けそうになる一日

今日は完全に自分のためにお休みをとった。


R0011069_convert_20090715202136.jpg


クーを学校に送り出してから、海へ向かう。
不思議な雲達が浮かんでいて、そののんびりした、あっけらかんとした感じに
思わず笑いが込み上げた。
なんて、愛らしく、のんきな雲!

今日も朝からその一日の暑さを予感させるようで
昨日梅雨明けした、とのニュースも手伝って、気持ちがあがりっぱなし。

目指すは大好きな、葉山BEACH
初めてのシュノーケリングを教えていただくことになっています。


R0011100_convert_20090715201140.jpg


どれがよいのかよくわからず、とりあえず慌てて昨晩に買い込んだ品々。
楽しくできればいいのだけど・・・。
なにせ初めてなので「とりあえず」でなんでもいいように思ったけれど
でも、何をするにも、道具ってすごく大事な要素になる気がする。

工作する時に使う道具、
お料理をする時の道具、
波乗りをする時の道具、
・・ん?
サーフボードなんかも、道具=toolと言っていいのかな?
と、疑問が湧きます。
ボディサーフィンを考えると、身ひとつだから
やっぱりサーフボードは、立ったり座ったりしながら波乗りするための
大切な要素、道具となるのかな。


R0011083_convert_20090715201430.jpg


大好きな葉山の浜。
BEACHのOC6。
普段は苦手で遠巻きにするおまわりさんとも、ここでは気持ちよくごあいさつ。
「コンニチハ~!」


R0011075_convert_20090715201715.jpg


今日はだんだんと風が出てくるようで、覚悟はしていたけれど
やっぱりこの葉山の海も、そよそよと海面が動き出してきていて
「今日はシュノーケルできるかな?」
と、少し不安になる。

それにしても、太陽の光に照らされて
葉山の海は夏でも、ほかの湘南の海に比べてダントツ美しい!
多分、この風波で水は濁っているはずなのにね。
この宇宙が造り出す無限の色に、想いを巡らせる。


今日のインストラクターは直樹さん!
実は直樹さんに教えていただくのは、初めて。
以前に直樹さんのプロフィールを拝見し、その経歴に圧倒されたのを憶えている。
まさに「海の男」であろう直樹さんにお会いできる事を
楽しみで迎えた本日であります。


R0011081_convert_20090715201454.jpg



BEACHのすばらしいのは、その建物にもある。
そしてなんと今日は、ロッカー室のドアを開けると
小さな子ガニさんが出迎えてくれました~。
しばらく私を観察してから、排水溝から外出されました。
かわいかったなあ。


結局、今日の海の状態から深い海底を見る事は難しく、
私ともう一人受講された方もシュノーケルが初めてということもあり
直樹さんいわく「基本の、キ!」を教えていただき、早々と海から上がる。
でも、少しの時間でもその楽しさに夢中になり
さっそくクーにも道具一式をプレゼントすることに決めた。

もともとクーが
「海で泳ぎたい!ダイビングしたい!」と言い出したことから始まっていて
じゃあ、まず私が体験してみよう、という具合に今日を迎えた流れがあるのです。




風波を想像しサーフボードを持参していたので
一色海岸の海水浴場向こうのブレイクに入る。

サイズはどんどん上がり風も強まり、まさに風波、の状態であったが
厚めのトロ波に、ほかのショートボーダーは苦戦中。
その狭いブレイクにはすでに6人ほどいて
そのうち何人か、さらに人が増えて来た。
ちょっと、怖くなるワタシ。


怪我をしない、させない内にあがろうっと。
いそいそと、海岸へと避難。
でも、消化不良なこの気持ち・・・どうしようか。


もしかして大浜でも入れるかな?
と少しの期待をもって移動するが、さっきよりもうねりはおとなしく緩やかで
「もっといっちゃっていいんだよ。」
の想いもむなしく、私は海岸で昼寝となった。


R0011084_convert_20090715201359.jpg

シュノーケルの時の格好そのまま、波乗りを始めたので3ミリフルでいたけれど
この真夏の太陽の下、それは無いデショ、と半分脱ぐ。
ボードを枕にすると首の高さが心地よく、砂と草の混じるベッドの上に横たわった。

ほとんど、無人の平日のこの浜。
梅雨明けした空は青く、白い雲のベールがところどころまじる、この無限の空。
波と風が木々に触る音しか聞こえない。

うとうとと空を見上げていると、トンビがちょうど上空に浮かんでいた。
すごいなあ。
羽を動かさず、風に乗っているだけ。
トンビの地上を物色するその首の動きにも感心しながら
今まで見て来た鳥達の飛行を思い出していた。


R0011078_convert_20090715201611.jpg


すっかり気持ちよくなってしまい、起き上がれなくなってしまった。
途中、おまわりさんがすぐ横を通過。
どうやら、生体反応を確かめに来たらしい。


自分のなかで勝手に予定していたような海の遊びは叶わなかったが
こんな日もあるさ、っておおらかに思わせてくれた葉山の海。
海のコンディションはよいとは言えなかったけれど、この風のおかげで
木々の葉ずれの美しい音色やそこに混じるまぶしい陽射しと蝉のハーモニー、
身体が溶けそうになるような、心地よい風の感触を全身で受け止め
感じる事ができた。

街のなかでこわばった身体が、すっかり弛んで
この世界、それを包む宇宙に溶け込んでいくようだった。
そうだ、前にも葉山の海に浮かびながら
こんな感覚を味わったんだナア、と思い出していた。









R0011095_convert_20090715201231.jpg


そうそう、本日直樹さんにお会いして
直樹さんは私の名前と顔とがやっと完全に一致したらしく
「あ~!あなたがkeiさんですか~!」
とフルネームで大声で叫ばれた。

???

なんと、ずいぶん前にBEACHで募集した葉山の写真コンテストに素人写真で応募し
私がその、グランプリだったらしい。

「ええ~?そんなの聞いてませんよオ~!!」

だってさ、あれずっと前だったよね、たしか。
GWじゃなかったっけ?
HPでも審査結果が出ていなくて、入賞者の写真が見たいな、と思っていたのでした。
「連絡しなくちゃ、ってずっと思ってて・・・」って、
今日までが長過ぎでしょー。
ここでもまた、海の男の大らか過ぎる部分を目の当たりにした。

で、賞品のBODY GLOVE製のタッパをいただいちゃいました。
実感ないなあ・・・。

でも、ありがとうございました!





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/27-fff05d50

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。