Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波間にて

最近、すっかりブログをさぼることをおぼえてしまったようで・・
本日もよろしくお願い致します。

12062403.jpg


不快指数マックスな蒸し暑い都会の空気や厚ぼったいどんより雲の下を抜けて
もちろん私は、かわらず海に通っている。

サーフィンには波が必要で、波を探してあっちへこっちへ・・


12062402.jpg


そうこうしていたら、偶然に海のうえに モジョを発見!
モジョは大学時代からの友人で、10年以上サーフィンの先輩なのだ。

私が勝手に名づけた 「乙女乗り」 は健在。
サイズがおおきくパワフルな波ほど、がんがんと脇目もふらずに波に乗る姿は
私など怖くて、ヒヤヒヤとしてしまうほど・・それも変わらずのようだ。


12062405.jpg


ファインダー越しに 「ん?あの娘ったら、やる気ないなー」
と思っていたら、後で聞いたら本当にそうだったようで
この波では気持が乗らなかったよう・・そういう日には、すぐに海からあがろうね。

たしかこの日は、前回のブログで書いた、
私が酒井さんにパシャリ! と激写されてしまった同日だったと思う。

ロングもいいけど、ショートもね!


12062406.jpg


海の家はあっという間にぞろぞろと出現し、
気づけばもう、海開きだもの。
このあたりの夏は、熱いし賑やかだし無法地帯と化すのだから
私のような小心者は、ちょっと避けたいような気持にもなってしまう。
あ、でも
海の家は好きデス、海岸によっては ね。

今年はおとなな浜で、ノンビリと夏っぽさに身を委ねてみるのもいいかもしれないな。
どうしても、海、波、サーフィン!
という連動型にハマりがちな 私のマンネリ行動・・かと思いきや
でもマンネリにならないのは、波は毎回違うから!
という、サーフィンの重要なポイントがそこにある。


12062401.jpg


紫陽花も美しかった・・
土壌によって色が変化する紫陽花の微妙なグラデーションが好き。
今年もすばらしい風景を、ありがとう。

そうして波乗りの後には、ここ数回映画にも通っていて
つい先日 全く観る予定ではなかったこの映画を、衝動的にみてしまった・・

「テルマエ・ロマエ」


main_convert_20120630215921.jpg


笑った!
人目を気にせず、ひとりでよく笑ったなあ。
映画館の席はいつも最後列と決めているが、その最後列での私は本当に自由。
独り言も多いし、笑うし泣くし、
隣りに座るクーからはよく 「しー!」 と言われて気づくのだが
まあ、それだけ入り込めるってシアワセなこと。
映画って本当にいいもの。


images.jpg

ケロリン、イイネ!
阿部寛さん、サイコー!

10052213.jpg


この映画には温泉やお風呂がたくさん登場するが
なかには何回か行ったことのある伊豆の温泉や、
クーが行ったことのあるという、伊香保の温泉なども登場し

ああ、温泉につかりたい~!!

という気持が 今まさに最高潮にきている。

http://keikee1205.blog10.fc2.com/blog-entry-115.html

↑以前の温泉ブログ



そんなこんなで時を過ごし
これは数日前の海・・波あります!

この時はまだ、ぼよんとしていてサイズも小さめ・・
でもこれを見たら、入らずにはいられなくなる。

波があがるかも、という予感から前日の出勤前にワックスは剥がしておき
そうしてワックスをはりかえたばかりのサーフボードと一緒だから
更に気持があがってくる。

ワックスをはりかえる一連の作業に神聖ささえ感じている私は
この大切な儀式のあとに波を迎えられて、もう うれしくてうれしくて。


12063002.jpg


ほら、波もよくなってきた!
予報ではもっと風が強そうな印象だったのに、まだまだ昼過ぎは大丈夫で
海面が整い、しばらくツンツルリンの波が続く時間帯があった・・最高。
しかもその時だけ陽が射し、海は蒼い。
すばらしい波に数本乗らせていただき
もうその印象が強烈すぎて、まだまだ夢の中にいるよう。

どのような波かというと・・
自分が上手くなったと錯覚させるような波、と言えばおわかりになるでしょうか。
私のカットバックもどきも全くぶれず、不思議な安定感のなかで ひたすらに滑る。
余計な力など全く感じずに、
波と自分の存在がなくなったかのような、不思議な空間。
この状態を、なんと表現すればよいのだろう。


12063003.jpg


ショートボードで4時間・・
スタミナの無い私は、パドルでも腕が上がらなくなってきて
しっかりと波に乗り切る事ができなくなってしまった。
なんとダラしない・・と自分自身の姿を想像し恥ずかしくなった。

前日までの仕事の激務で もともとダウンしていたこともあり
「今日はもう、無理です!」
と、海からあがろうと決めた。


実は秘かに先輩の到着を心待ちにしていたのだが、
仕事がたて込んでお忙しいようで、それともしかしたら
このような波では、海に入るのに値しないのカナ・・
などと余計な想像まで働かせ、あらためて自分のレベルを考えさせられたりして。

国道沿いに停めた自転車に乗り、江ノ島方面へキコキコと走っていると、
お?
あのお姿は・・??

ゴツいバイクとともに、ヒウラ先輩登場!
かっこいーなー。
仮面ライダーばりの登場のしかたではありませんか。

もうすぐ入るよ!
というひと言に、あれほど疲れきっていたはずの私は すれ違いざまに
「あとで行きます!」
などと応えてしまい、再び海に入る気持に向かってしまった。

しかも、留守番電話には大貫氏から
「いま工場でるところで・・今日はあそこかあそこで・・」
などとメッセージが残されているし、
これはもう、確実にご一緒させていただくしかないのだ。

波の状態と自分の状態を照らし合わせ、どう考えてもショートボードは難しく
さっそく初心者用8’00”のロングボードを持ち出す。
休憩もそこそこに再び鎌倉へUターン。


12063004.jpg


先輩方と海へ入らせていただく理由はいくつかある。

なかでも、すばらしい波乗りを目の前で拝見させていただく事は
今の私にとってとても大切なこと。
彼らがどのような視線で波を追い、波に乗り、どのようなアクションをしているか
ということを、日々しっかりと眼に焼きつけている。
どの波にどのような板を選んでいるか、
ブレイクする場所はいくつかあるのに、今日なぜここなのか、
この波をどう理解しているのか、
会話の合間に見え隠れするキーワード全てが、まるで栄養源のように
どんどんと現在の私のなかに入り込んでくるのだ。

そしてなにより、やはり楽しい。

この日の夕方は、セットが入ると全員が好きな波に乗れてしまうほど海はガラガラで
波に乗れば乗るほど、疲れはどこかへ吹き飛んで
「30分だけご一緒に・・」
のはずが、1時間半も入ってしまった。
体力、残っていたのね。

なかなかタイミングは合わないけれど、
この時間が私にはとても大切なものになっている。

この日も、ありがとうございました。


考えてみると朝からコーヒーしか口に入れておらず、
夕方にはおなかペッコリーノを通り過ぎ、気持悪くなっていた。
よくないなあ。
ひうらや でごはん食べたいな・・などと考えながら帰路に着く。

波乗りの合間の食事のタイミングって、難しい・・
波乗りの直前に、ラーメン食べたり定食食べたりしている人々がいるけれど
私には考えられない・・
波乗りの合間の補給、これからの私のプチ課題だな。


12063001.jpg


都会で生活する者の 夕暮れ空

日常のあれこれにこころが折れそうになると想い出すのは
すばらしい波に乗れたときの感覚や、見えた波間の景色。

狭い空にあれこれを浮かべて、しばしトリップしてから
ふたたび大勢の人波に入ってゆく。

これがあるから、私はきっと これからは大丈夫だろう。
昔の自分が、とおくとおくに感じられる。



すばらしい海時間、海に集う人々・・
いつもいつも ありがとうございます。

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。