Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

階段うえ にて

朝4時起床 
すぐに仕度し、車を出す。

ここのところの仕事は体力的にハードなのだけれど、
休日前日から段々と疲労を感じなくなり、身体も軽くなるという怪現象。

他のスタッフは皆、休日は「昼まで寝ている」そうだけれど
今の私にはそのような時間の過ごし方は考えられない。
そういえば遥か昔、24,5歳あたり
京都で一人暮らしをしていた時には、そのような休日は当たり前だったっけ・・
遠い過去の自分を懐かしく振り返りながら、あっという間に鎌倉に到着。


12103002_convert_20121030225502.jpg


前日までの波なしはどこへやら

まだまだ潮は厚いけれど、短い板でも十分に乗れる波がブレイクしていた。

12102902.jpg


この日私は、大先輩との大切な約束があるのだけれど
その時刻の潮が引きいっぱいになる事は調べてあったから
「とりあえず今、やっておかねば!」
と、波に吸い寄せられるように あっという間に着替えてパドルアウトした。

引き潮に向けて、波がどんどん良くなってきている事を感じながら
制限時間の間にどれくらい、どのような波に乗れるのだろう? 
と、少しばかり焦る自分もいた。

けれど、サーフィンには平静心が大切。
慌ただしくなりそうな心を抑えて、ただ 乗れる波を探して待つ。


w12x29b086_convert_20121030225434.jpg


これは、その時の写真
スターボード酒井さんがいらしていたようで、また撮って下さっていたのです。
酒井さん、いつもいつも ありがとうございます!

画像の時刻を見ると、どうやらこれが私の1ラウンド目のラスト1本のようでした。
この時の波は、しっかりと憶えている。

いつ見ても 「成っていない」 私の波乗り。
このような姿が恥ずかしいけれど、自分の記録のために ここに残しておきます。
上級者の方々と並列される、私の写真。
じっと比べてみれば、そこから見えてくるあれこれを
次の波乗りへの課題にしていきます・・でも、
なかなか思うようにいかない事が歯がゆくて。


12102909.jpg


時計を見て青ざめ、慌てて駐車場を出る。
1度着替えて、自転車を走らせ、ふたたび同じ駐車場へ。

畏れ多くも、大先輩をお待たせしての到着となってしまい、かなり気持が落ちてしまった。
申し訳ございませんでした・・しょぼん。

鎌倉の歴史あるブレイクの正面階段うえには、いつものように先輩方が。


この朝私は、先輩に冬用のウェットスーツの製作をお願いする為に
ここにやってきているのでした。
待ち合わせに指定された場所が、この 波乗り聖地である正面階段。
・・採寸は、どこでやるのカナ・・???



12102904.jpg
岡本さん と ときたさん


先輩への初めてのオーダーとあって、かなり緊張して向かったのだけれど
いつ始まったのかわからないような かなり ゆるーい雰囲気のまま、採寸へ。

え! ここでやるのですか?!
という私に 「そうだよー、みんなここでやるんだよー」 ですって。
ホントカナ??


この日オーダーを決めたのは、波乗り大先輩である岡本氏のブランド Twees !


実は私は、このブランドロゴには ずっと
一種の憧れのような感情を抱いてきたのです。
ブランドロゴマークが苦手で、洋服でもなんでも ロゴマークはなるべく隠そうとしてきたけれど
Tweesのマークに関して言えば、
いつか、あのロゴの入ったウェットスーツを身につけてみたい! と
この1年弱 ずっと思い続けてきた。

昨年12月、先輩にある特別なブレイクに連れて行っていただいた時
波はよいのに10名弱ほどの上級者しかいなかったけれど
そこで入っていた半分以上の方が、Twees と書かれたスーツを着ている事に気がついた。

なんてふざけた名前だろう、でも イイ!

初めて見るロゴに、仲間内でつくったスーツなのかなあ、おもしろいなあ、
などと、その時は勝手な想像をしていた私。
しかし 私がそのブランド名を見たことがなかったのは、
そのスーツを着用しているような方々が入られるポイントに
私が入った事がなかっただけなのだと、後に判明したのでした。


IMG_5592_convert_20121030225529.jpg


朝ここを離れる時には、面の美しいきれいな波がサイズアップしてきていたけれど
この時刻、風が入り始め、波が抑えられるようになってきていた。
けれど、やっぱりここはいい波!

岡本さんに採寸していただき、ときたさんに記録をつけていただきながら
眼の前で崩れる波を眺め、風にあたり
とてもリラックスした気持に・・

今までは 大手スポーツ用品店の狭い更衣室のなかでの採寸しか経験がない。
このような開放感に満ちあふれた、大好きな場所での採寸を
すっかり気に入ってしまったようです。


IMG_5602_convert_20121030225758.jpg


採寸するにあたって、
さてどんな服装なら計りやすいのかな・・?
と考えた私は、前夜に はき倒したデニムパンツをチョキチョキとやり
即席ショートパンツにしてみました。

スカートはだめだけど、パンツならいいよ
と言われていたのだけれど、なるべく正確に計っていただきたいですものね。
パンツよりタイツの方が、まだいいのかな という素人思考です。


12102905.jpg


とにかく 岡本さんと、ときたさんのやりとりが素晴らしくユーモアに溢れ
それが私の緊張をほぐして下さり、楽しいひとときとなりました。

「明日の朝には、けいちゃんのサイズがネットで全国公開されるもんねー」
・・それだけは、ご勘弁ください・・

岡本さんの採寸は、それは手馴れていらして
そう書くと失礼なようだけれど、それはつまり、
今まで私が受けてきた採寸の仕方が、いかにぎこちなかったか、ということです。
なんというか、
採寸されている という事を意識せざるを得ないような不自然さばかりでした。

プロの手とは、こういう事をいうのですね。

ロゴはどこに入れるう? 何色にするう?
と、グラフィックを学んでいらしたベテランデザイナーである岡本さんにアドバイスいただき
なんとかデザインが決定。

あとは仕上がりを待つだけです。
楽しみ!

岡本さん、ありがとうございます!!


それにしても、
海から上がっていらした方々、これから入られる方々が
次々と岡本さんのところに挨拶にやって来ることに驚きました。
と同時に、岡本さんの存在のおおきさを改めて知ることになり ぞくりとしました。

このような方がオーダーを受けつけて下さるなんて、とても光栄です。


IMG_5598_convert_20121030225612.jpg
風にあおられながらも、波はまだまだ続きます。


今までウェットスーツに満足したことのない私が、このオーダーを決めた最大の理由

「スーツは板同様、もしくはそれ以上に重要ですよ」
「気持ち良いものしか つくりません」

岡本さんから、そのようなお言葉をいただいたからだった。
ウェットスーツなんて、ただの防寒具・・
その程度にしか考えていなかったから、眼からウロコという感じ。

同時に、そんな風に言い切って下さる事が、とても嬉しくて。

今回私がオーダーしたのは、今まで経験のない、初めての形。
大手スポーツ用品店の方からは、女性には向かないデザインですよ、
と言われていたタイプ。

しかし、実際に岡本さんのスーツを試着させていただき
その特徴を確かめてみて驚きました。
ときたさんから
「腕の伸びが15センチ違うよ!」
と言われていたとおり、運動性にもかなりの違いが現れるようです。

こんなスーツがあるものなのですね・・!!
今までのは、何だったのでしょう。


「今まで ウェットスーツで良い想いをしたことがないから、楽しみ!」
と お伝えすると、
「オレも楽しみ!」
と、ときたさん・・ん? どういう意味でしょうか・・??


12102907.jpg


美しい夕焼けに 今日の出来事と波を想う。


近頃、海での出逢いが増え
様々な方の考え方や価値観に触れる機会が多くなっている。
自分がいかに今まで、何も知らずに海に浮いていたのか と思わされる。

サーフボードにしても、ウェットスーツにしても、
こんなに深い世界だったのですね。
うーん、おもしろすぎます!

知らない世界を知るって、楽しいなあ。
これからが、ますます楽しみな気持ちでいます。



また長くなりましたね。
それでは また!
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。