Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/30-1ad037f0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

クールダウンのあれこれ

R0011267_convert_20090726204019.jpg



この週末は、土日ともキツい暑さだった。

容赦なく太陽の光のするどさが肌に刺さり、
こんな中に無防備で出歩いたら確実に倒れるだろう、という感じ。

潮マワリのせいではないようだが、私の身体は少しざわつき気味で
落ち着かない身体の少しの慰めにでもなれば、と
久しぶりに土日連日で、区営の温水プールに行った。

古くから清掃工場の横にあるプールで、幼い頃は毎週のように通っていたが
建て替えてからここに来るのは初めて。
初日、建物入り口からプールの水に入るまで
なんと、30分近くかかってしまった。


R0011255_convert_20090726204153.jpg


この施設は大学の恩師の作品で、私の同級生が手伝っていたという建築物。
ちょっと期待していたのだけれど、実際に入ってみると
内部はあまりに細分化されすぎて、ちまちまとした空間をつないだだけ
という印象の建築物でありました。
その頃なんとなく流行っていた、空間の相貫というのかな
それを狙っているのだろうけれど、無理矢理感が否めないつくりに
内部を歩いていて心地よさというものがなかった。

ごめんなさい。
でも、これは私の率直な感覚なので、お許しくださいね。

迷子必至、実際に入水までに、私は3人の人にプールへの道のりや入り方を聞いたほど。

R0011227_convert_20090726204747.jpg



でも、プールへの光の取り込み方はとても気持ちいいね。
泳がずにプールサイドで休憩していたとき
あまりの心地よさに、泳ぐのをしばらく忘れてしまったほど。
外の木々が揺れ、少し開いた窓から入る風で
泳いだ後のほてった身体が静かに落ち着きを取り戻す。

どうしてプールには連続ペナント群がいつもあるのかな?
と、ふと考える。


R0011229_convert_20090726204654.jpg


うわあ、ロッカー広いですね。
区内一!という広さをもつあのカンパチユニクロでたくさん買い込んだ奥さんだって
買い物帰りに安心して、プールに入れちゃいます。


R0011228_convert_20090726204721.jpg


色々な器具やトレーニングルームやが点在しています。
60歳以上の方しか利用できない、健康運動室なんていうお部屋もありました。


R0011225_convert_20090726204825.jpg


たくさんの自転車を乱す事無く強制整列させられる自転車置き場。
でも、このレーンに自転車を持ち上げるのって
年配の方には難しそうじゃありませんか?





このプールに行くのには、私の住む場所からは自転車が一番。
車でももちろん大丈夫だけれど、
今日も満車にも関わらず、10台くらいの車が順番待ちしていて
「そこまでして?」
と、その勇士をそっと讃えた。


自転車で行く楽しみのひとつは、道中のこの公園にある。

R0011220_convert_20090726204610.jpg


なんと夏場でも涼しいこの公園は、絶好の読書場所にもなるのだが
その際には容赦ない蚊たちの攻撃を覚悟してくださいね。

この公園の脇には排気ガスの空気中含有率120%のカンパチさんがあるが
そんな場所に位置している事など、この公園の分厚い緑のなかにいれば忘れてしまう。

文明の利器から守られ、風を感じ、光を感じ、足下にはしっかりと土がある。
ゆるりとした時間が、いつでもかわらずにそこにある。


都会には緑が無い、という人もいるが
トーキョーって実は緑が案外たくさんあるらしい。
そこに気づくか、気づかないか。
そこに行くのか、行かないのか。
同じように都会に生活していても、そういう事なのでしょうね。

ただし、トーキョーの埋め立て地にはそう感じられるほっとする緑はありません。
それは、きっぱりと断言しておきます。




R0011260_convert_20090726204119.jpg


プール後のおたのしみ、自動販売機アイスクリーム。
どっちも食べたい!と言っても、ふたつは多すぎない?




R0011240_2_convert_20090726204407.jpg


アイスクリームのクールダウンも束の間、「アチ、アチ」と家に帰って来ると
近所のにゃにゃが「あついニャー」とぼーっとお昼寝の最中。




土日の夕方からは呑みながらの夕食の支度となりますが
ここではラジオが不可欠となる。

土曜日17時からは「SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI
日曜日17時からは「NISSAN あ、安部礼司

どちらもその構成力がすばらしく、キャッチーな話題とウィットに富んだ大人の会話
安部礼司ではその選曲に泣かされ、登場人物たちの会話に静かに力強く感動する。
間違いなくこの時代のラジオ界の伝説に残るであろう名作で
その番組づくりに関わる方々を垣間みると、ふーむ、と深く納得させられる。

すごすぎる放送だなあ。

これらを聞きながら、ちょびちょびとおいしいお酒をやり
つまみぐい、じゃなかった、味見をしながら夕食を完成させ
贅沢な時間はゆっくりと過ぎて行く。





R0011248_2_convert_20090726204308.jpg



あまりにすばらしい細い三日月を撮ろうとして
よくみると、絵本に出て来るような、高い鼻がついた三日月に変身していた。

わあ!
なんだか明日もすてきな物語が続きそうな予感のする、静かな美しい夜だった。




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/30-1ad037f0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。