Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/51-d4555bd4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

今日はハラペコ、カレー日和

moonja09_convert_20091004210159.gif



十五夜は明るく美しく、
身体のウズキを無視するかのように、怪しさもなくすっきりとした月だった。

クーとふたり、のんびり、しばしやんわりとした気持ちで眺める。




本日はクーの運動会。
雲は多いものの空は高く気温も上昇、申し分ない運動会日和となりそう。

今年も運動会委員の私は、朝4時に起きて日課のお風呂→ストレッチ。
そして家族分のお弁当にとりかかる。
といっても前日の下ごしらえのおかげで、当日の作業は計算され
必要最低限の時間でお弁当準備は進んで行く。

運動会といえば、お弁当!
というほど、重要なアイテムとしてクーと私の中には位置づけられているから
手抜きは出来ず、でも 「手がかからない、ひと工夫で唸らせるお弁当」
がキーワードとなる。

今日は卵焼きをシンプルにしたが、この調味料の加減が微妙でね。
目分量の私は、それなりに失敗もあるし成功もあるけれど
なんとか今日は成功に近い味となった。

美しい黄色に、しばしうっとりするが
そのような時間の余裕は朝のお弁当作りにはないのだ!



R0012279_2_convert_20091004193448.jpg



前日の大雨がウソのよう。
でもその痕跡はしっかり残っていて、グラウンドの土部分はいつまでもぬかるんでいる。
しかーし、この校庭はほとんどが芝。
雨を受けてかえっていきいきとした芝が、湿った緑の香りを校庭イッパイに充満させていた。
いいね、草の香り。



R0012301_convert_20091004193419.jpg



今年初めて見た競技「UFOリレー」。
4人一組で輪になって腕を組み、ひたすらぐるぐるグルグル・・・と回りながら進んで行く。

私はこういう、一見くだらなく見えるがしかし一所懸命に打ち込めるような競技が大好き!
自分でもやりたくて、うずうずする。

ああ、こんな運動会をしたいなあ。
ムサビーズのみなさん、ボウリング大会にこんな競技もいかがですか?


R0012353_convert_20091004193246.jpg


クーは平和主義。

争いごとや大きな声なんかも苦手。
点数を争うゲームは好きだが、運動能力をかけた競技は苦手のよう。
できれば徒競走もしたくないようだが、
「順位はいいから、とりあえず楽しんでおいで」と送り出す。

生徒の中には足が不自由な子どももいる。
徒競走だってタイム云々言う前に走りきるのがやっとの子どもだっている。
考えてもわかることではないが、そのような子どもたちは
どのような気持ちでこの日を迎え、コースに立ち
皆がゴールした後のコースをひとり走り続けるのだろうか?

「運動会」って当たり前のように毎年開催され、メニューも昔からあまり変わったようには思えないが
ひたすら運動能力を必要とするこの一日の内容を
なにか少しだけ別の視点で替えられる事はないか、と考えている。
走る事、身体を動かす事が好きな人には燃える一日となるのだろうが
運動能力に点数をつけているような感覚のする 「運動会」 が今でも私はあまり好きではない。

「今でも」とは、学生時代は一度も運動会を楽しみのうちに迎えたことがないから。

私は小学生の頃は6年連続で学年代表のリレー選手に選ばれるほど足が速かった。
自分でいうのもどうかと思うが、昔は運動能力は悪くなかったのだ。

でも、半ば強制的に動かされる、この運動会が苦手だった。
その一日の時間の長い事!

唯一の楽しみは、母のつくるお弁当の時間だけだったなあ。
運動会はサンドイッチでもなくおにぎりでもなく、太巻きといなり寿司がメインだった。
ああ、また食べたいな。


R0012308_2_convert_20091004193343.jpg



クーは生まれた時から大きく、いつもクラスで一番背が高かった。
でもこの運動会では整列した姿を探すのが難しい。 どこにいるの?

???
なぜ?
と観察してみると、なんと同学年の女の子の生育がすこぶる良くて
クーより背が高く、しかも肉付きもよい子が多い。
そこにあのクーが、埋まっているのだ。

!!! である。

ただ背が高い、のではなく、肉が厚く骨格の成長が明らかに違う。
すごいなあ。
4年生にもなると、成長の変化もすさまじいものがあります。
現代の食生活の豊かさを感じずにいられず、またなぜかそこから不安もよぎる。
でも、とにかく全学年において、女の子の体格の良さに男の子たちは埋もれていた。

女はやっぱり、いつの世も強くあるのだなあ、と根源的な問題を思う。



R0012323_2_convert_20091004193314.jpg



忙しい日常の中で、正直学校行事に悩まされる時間もある。
でも今日もあらためて実感したけれど
私、母親になれてよかった。
クーに会えてよかったって、心の奥深いところから
そんな感情がじんわりじんわりとにじみ出てくる。

子どもなんて全く興味のなかった自分、面倒クサいなんて思っていた自分。

独りなら
時間は全て自分のもの、自分の思うように配分できる。
やりたい仕事に好きなだけ没頭できる。
旅費は一人分、いつでもどこへでも、思い立った次の日に旅立てる。
このトーキョーで、毎日でも夜遊びは自由。
誘われれば、すぐに飛び出していく事も。

では、二人ならどうなるのかな?
二人なら
それらに比べようもないほど、豊かないろいろを経験させてもらえる。
目先の欲は満足させられないが、もっと深いところでの満足感がある。

ささやかでもたっぷりと豊かな気持ち、想い。 
なんか、矛盾をはらんでいるような?
でも、今この時期にこれらを身にしみて感じている事は
今後の私にとって、とても重要になるような気がする。



これら全てを原動力に、私はゆっくりと高く飛んでいきましょう。




R0012363_2_convert_20091004193151.jpg



腹ぺこお腹には、おうちのカレーライス!
洗練されたカフェのカレーでも、インドカレーやタイカレーでもなく
やっぱりほっとできるのは 「おうちカレー」 だと思っている。

クーにとって私のおうちカレーがどのような位置づけなのかはイマイチ不明だが
「やっぱりこのカレー、最高!」
と嬉しいコメントが返って来るのは、なによりのプレゼントでありますね。

ポイントは・・・なんだろう?

熟したバナナ、トマトたっぷり、ワイン、醤油?

自分で言うのも図々しいが、けっこういい味してますヨ。
そうだ、昔の彼にもほめてもらったっけ。
でも、今のほうが少しだけバージョンアップしたけどね。 フフフ。

波乗り後の腹ぺこお腹にも、このカレーはやさしい満足感を与えてくれます (自画自賛)。

さらにバージョンアップすべく、カレー研究をしなくては!




カレーライスのうまい女って、なんかいいよねえ。
と、勝手なイメージを拡張し、ホンワカ憧れているのです。







スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/51-d4555bd4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。