Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/64-db838b0c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ふと こころさみしくなる 日には

寒くなりました。
ラジオによると、すでに12月中旬の気温だとか。

近頃、引越の支度に追われ
計画よりもはかどらない、その手際の悪さに我ながら呆れてしまった。
過去、引越経験はある方なので、その手順については全く気にかけていなかった。
やる気になれば、一日で出来る!
・・・それって、若かった頃のエネルギー過密集中型計画が出来た頃の話だったのかなあ?

そんななか、海に行きたいなあ、と考えたりする。

しかし、現実逃避に海を位置づけないようにしている。
それは今まで、私が最も気をつけて来ている点なのです。

いくら海に行きたくても、それが現実逃避になってしまう時
私の生活は堕落していくのだろう、と感じている。
それほどに私は未熟だし、弱さも持ち合わせていて
海にいる時の喜びの大きさは
その不安をかき消してしまうほどの感覚を与えてくれる事も知っている。

だから気をつけなくっちゃ。



R0012758_convert_20091119203434.jpg


そんな事を思っていても、でもしっかり海へは行くのだヨーン!
昨日の寒そうな空の下
横縞模様の広い空に、自然の偉大さを感じながらのドライブ。
宇宙の造り出す造形美って、すごいなあ。



R0012766_convert_20091119203338.jpg


やはり平日の海は空いていますね。
天候、海のコンディションもあって、お気に入りブレイクにはわずかに2名ほど。
でも、こんな日でも
しっかりきちんと波乗りをされていて、その遠くの姿にただただため息。

今日は寒いから、と
スーツも久しぶりの5ミリを着用してみた。
5ミリは体型がひとまわり大きく見えるし、動きづらいので苦手です。
いやいや、ひとまわり大きいのはスーツのせいばかりではないでしょー。
しっかりと自然のサイクルに敏感な私の身体は
毎年この時期には、うっすらといつもより脂肪をまとう、というわけ。



R0012763_convert_20091119203402.jpg


行ってきまーす!

こうやってボードを見てみると、数字から感じるよりも実は小さくないのですね。
数字に惑わされてはイカン!
かっこよく乗りこなせたらいいのにな。



人気のない中、ひとりもくもくと練習する私。
でも、なんだか今日はうまくいかない。
何が悪いの?
前と何が違うの?
必至で頭で、身体で考え感じようとするのに
なんだか身体中の感覚が、いつもより鈍い気がする。
思ったように、いかないぞオ~。
なんでなんで??

気がつくと海の中で2時間半経過していた。
その中でいつのまにか
気持ちはズドーンと落ち込み、こころがきつい紐に縛られたようにキューッとなっていた。

まずい、まずいぞ。
気持ちを上げなくっちゃ。

そんな事を思っても、この日の海での私には難しかった。
途中、雨がしとしとと降って来て
雨のなかの波乗りは決して嫌ではないはずなのに
そのシトシト具合が、更に落ちて行く気持ちに拍車をかけて来たよう。

海からあがって車まで海岸を歩いているとき、
思ったように波に乗れなかったその日の自分が情けなく、
どんどん身体が冷えて来る事もあって、自分がものすごくチッポケなもののように感じた。

「おーい、寒くないかア?」
と、漁業関係者らしきおじちゃんと兄ちゃんが声をかけてくれなかったら
そのまま気持ちがずぶずぶと、砂に埋もれていってたかな?
ありがとう、おじちゃん。




R0012768_convert_20091119203540.jpg


ここで突然、クラゲ情報でーす!
変な写真、ごめんなさい。
これはもう、3週間近く前にやられた、クラゲの痕。
ゆっくりゆっくりと回復には向かっているようなのだけど
実は今がイチバン痛くてかゆくて、夜中に眼が覚める事もあるほどなのです。
オネガイ、ハヤクナオッテ!!!

今回は少し場所を変えたのですが、まだまだたくさんいらっしゃって
優雅に波乗りをされていました。
しかも!
今日は赤だけでなく、青いのもいたな。
千葉北方面に行かれる方は、こうならないように注意してくださいね。




R0012725_convert_20091115201529.jpg


トボトボと歩いて駐車場に戻ると
あるカップルサーファーもちょうど海から上がったところだった。
ふたりとも寒い、寒いと震えているようだけれど
すごく楽しそうに着替えながら、雨の中キャッキャと笑い声が聞こえてくる。

チクショー、いいなあ。

そのしあわせそうな二人を遠目にちらりとやりながら
まだこれは少し早かったな、と脱げない5ミリスーツをなんとか脱ぎ捨て
さっさと駐車場を後にした。



あかん。
本当に今日の気持ちは、今のところ良くない方に向かっている。
あかん、あかんでー。
と必死に、さみしくちっぽけな気持ちを上げる作戦開始!


R0012769_convert_20091120141800.jpg



まずは、水筒に入れて来た紅茶から。
朝起きて、丁寧に入れた 「bonbon」 という品名のブレンドティー。
数種のドライフルーツが入ったこの紅茶のやさしく甘酸っぱい香りが、車内を満たす。

そして次は、おにぎりー!
やっぱり、新米のおにぎりは美味しい。
南高梅を使った塩分11パーセントの梅干しが、疲れた身体に塩分と元気をくれるのです。
小学校時代のニックネーム 「うめぼしおばさん」 を持つ私としては
梅干しにはやっぱりこだわりたい。

いつもの波乗り帰りには、コンビニでおにぎりを買う事もある。
その時はなぜか決まって 「ツナマヨ」 となってしまう。
自分で早朝におにぎりをにぎり、しかも具材は梅干しで、
さらに波乗りに持参する事はほとんどないのに、
その朝にかぎって「おむすびおむすび♪」 と鼻歌まじりににぎる事を思い立つなんて。
こんな気持ちの落ち込みを予感していたのかしら?


ああ、ほっとするなあ。
やはり、お弁当のおにぎりっていいです。
どうしてこんなシンプルなものが、味わい深いのかな。

おにぎりをにぎり始めたのはいつだったか、思い出せないくらいのキャリアではありますが
でも、まだまだ母親のおにぎりを超えられない。
それはクーも同じ事を言っていて
「やっぱり、ばあばのおにぎりは一番! ママのもおいしいけど、その次!」
そして弟サイも
「お母さんのおにぎりって、どうしてあんなにうまいんだろうね」
と、今も昔も、このセリフはもう聞き飽きた。
おいしいおにぎりにしたいけれど、
母親のおにぎり、これを超えたいとは思わないのが、我ながら不思議。


突然さっきのおじちゃんの笑顔を思い出し、私も思い出し笑い。
そして、大好きな曲がスピーカーから流れ、一緒にお腹から歌って
なんだかスッキリしてきたぞ。
冷えきった身体はなかなか温かくはならないけれど、
気持ちがなんとなく、やさしくなってきた。

なんか、単純だよなあ。 私って。


R0012772_convert_20091120141740.jpg



そのまま車で新宿に寄り道。
解禁になったばかりのボジョレーを買いに行く。

もう10数年、このルイ・ジャドを飲んでいる。
そして同じくこのワインを毎年ある方に贈っているので、その手配も済ませた。
いろいろなボジョレーを飲み比べた事があるけれど
結局これに戻って来た。

個人的にはボジョレーは特に選んで飲みたいとは思わないのだけれど
何と言ってもヌーボーだからね。
年に一回のお祭りなので、この時は飲むようにしています。
10年?50年?に一度の出来らしい。
開けるのが、楽しみですね。
店頭試飲しましたが、けっこう良さそうです。



先日ビストロでいただいたパスタに感動し、真似して夕食にとつくる。
「豚とセロリのボロネーゼ オレガノ風味」。
これがまた感動的に美味しく仕上がり、クーとふたりで震えながら食べた。
ボジョレーではないけれど、一緒に飲んだ赤ワインと最高のマッチング。
ああ、しあわせ。



昼間にあれだけ縮こまった気持ちが、すっかりゆったり大きくなっていた。
なんだなんだ、なんと明快な私。
でもさ、気持ちってこんな事で変えられるのでしょうね。
直接的な問題解決にはならないかもしれないけれど
きっと、そこから上向きな回答も得られるはず。

良い酒良い食、良い空間。
「衣食住」はヒトの生活の基本となるけれど、
豪華という事でなく、質を良くする事は
気持ちを満たし、よい人生へとつながって行くのではないかなあ。
そのために小さな事を大切に、少しずつ明日につなげたいと思っている。




R0012776_convert_20091120124359.jpg



ああ、今日はすっかりの快晴。
前日の雨のおかげで、空気も澄んでいて陽も温か。
せっかくのお天気なので、これから渋谷→原宿方面へとお出かけです。
昨日からつないだ気持ちのバトン、今日もしっかりにぎられてまーす!























スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/64-db838b0c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。