Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/67-d3263407

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カラフル ふるふる

11091201.jpg

ずっと訪ねたかったA-Materialsに思いきって足を向ける。
私にとってここは、そんなに気楽な気持ちで寄り道できるような場所ではなかった。

えいや!
とドアを開けると独特なやわらかなオーラをまとったオーナーが。
初めての私に、ご自身の経歴や仕事への想いを静かに熱く語り
宝物のノートを見せて下さった。

すごかった。
なんというか、ほんわかやわらかい中にぶれない力強さを感じて
オーナーにも店にもただただ圧倒されて、ゴクリと喉の奥が鳴った。

クーを連れて行ったところはまだまだ私のヨミの浅いところではあったが
クーにもこういう場所を見せておきたかったから、それはそれでよしとして
「2時間下さい」 とオーナーのおっしゃるように、近いうちに独りでじっくりと行ってみるつもり。
ああ、こういう場所はすてきでドキドキするなあ。


12091201.jpg

帰りにクーと初めてのメキシコ料理店に入る。
あまりのおいしさに 「うまい!」と目を丸くするクー。





ちょっとした用事を済ますため、遅いランチのあとで成城警察署へと向かう。
私からすればこのあたりは全然成城ではないのに、どうして 「成城」という地名がつくのかな?
と、このそばを通る度に疑問に思う。
まあ、どうでもよい事ではあるのですが、きっとそれなりの由来はあるのでしょう。

ある場所へ向かうのにどの道を行くかは自由。
今日は何も考えずに出発したので、ふらりふらりと自転車のスピードはゆるやかに
ただただニオイにつられるままに、あちらの道こちらの道。


08091201.jpg


わお!
すばらしいイチョウの木であります。
傾き始めた陽に照らされて、これぞまさしく黄金色!!
その下で遊ぶ子どもたち。
足もとは落ち葉でカサコソふわふわ。
クーが小さい頃、落ち葉を山にしてダイブしたりお布団のようにして寝そべったりしたのを想い出した。

06091201.jpg



13091201.jpg


大好きなこの公園は、四季それぞれの楽しみがたっぷりとある。
紅葉もこんなにすばらしかったのだなあ、と久しぶりに再認識した。
これで落ち葉の季節が終わり、北風から守ってくれる冬を越えて
きらきらと輝く新緑の頃は目を見張るほどの美しさになる。
ああ、楽しみだなあ。


とっても苦手な警察署での用事をささと済ませ帰ろうとすると
おお!
世田谷最大のユニクロを発見。
車からはよく見ていたけれど、実はまだ入った事がなかった。
自転車なのでフットワーク軽く、ちょっと寄り道。
ふむふむ、と今流行のヒートテックをチェックし、クーにお試しの一枚を買ってみる。

すぐに店を出たが、自転車置き場でハッとする。
!!!


04091201.jpg


写真ではわかりにくいけれど、すごいでしょ、これ。
このなかに一体何色あるでしょうか?

ユニクロの人工的なカラフル空間を体験し、目がチカチカしていた時だった。
このなかには、それを遥かに上回る色数がある。
でも、自然の深い色は、いつまで見ていても飽きないし
その色の取り合わせの妙を理解分析しようとするのだけど、これはなかなか難解で
そんなこんなで、自転車に手をかけながら、足が動かなくなってしまった。

そばを通ったお兄さんが、ユニクロ外壁を見つめる私を不思議そうに見ていた。

ほええー。
やっぱり自然の色はすごい。
イマジネーションがむくむく。
そうだ、ああしよう、こうしようって。

後ろ髪ひかれつつ、いつまでもここにはいられない事を思い出し
再びふわふわとした気持ちで自転車のペダルを踏んだ。



!!!
またまたビックリマーク3連発!
ヤバい、帰れないぞ。

03091201.jpg


あまりに美しい畑での夕焼け風景。
環八の少し裏にはまだまだこんな畑が点在していたりする。
要するに言葉を変えると、空の広い場所ね。

夕陽が沈んでいく速度は速い。
どんどん移り変わる雲や空の状態を見逃すなんて、できないよ。
だからこうやって、まだまだ家には帰れない・・・


クーの顔が頭をよぎり、急げ急げといよいよ焦り出す私。
実は夕陽の沈みきった後がどうしようもないくらいに好きなの。
でも今日はそこはぐっとこらえなくては。

西の空を見ないようにと家路を急ぐのに、ふと反対の空を見上げた。

!!!
おおお~。
そこには、おっきなほぼまるい白い月があった。

02091201.jpg


このカメラで撮っても、大きさを表現するのは私には難しいのは知っている。
でも、思わずカメラを向けてしまった。

すると通りがかった20代くらいの男の子が私を見てから、不思議な顔で私の視線の先を追った。
そして足を止め、がさごそと鞄をかきまわしてからカメラで空をパチリ。
・・・なんだか嬉しかった。
あの人、また夕方になると空を見上げるかな。
そういう連鎖が、ものすごく私は嬉しい。


幼稚園の女の子と若いママ。
「おっきいねー、かばさんのお団子みたい~!」
と、女の子は月をこう表現した。
「カバサンノ、オダンゴ?」
真意のほどはわからないけれど、気持ちがやさしくあたたかくなった。
ありがとうね。


ただ警察署に行くだけのおつかいのつもりだったのに
思いがけずたっぷりと深い色彩にこころが満たされた日となった。
「カラフル フルフル フルルルル・・・」
子どものアニメに出てきそうな魔法の呪文を口ずさみながら、もうニコニコなのです。



07091201.jpg


その日に通る道によって、出会えるものってそれぞれ違う。
偶然出会えた喜びはとても大きいけれど
でもきっと私は、どの道を通ってもそれぞれの場所でこの日のような喜びを見つけられるような気がする。
根拠のない予感だけれど
それって、すごくしあわせな事だよね。
勘違いでもなんでもいいじゃん。





09091201.jpg


最近、時々サンディエゴ動物園のパンダの動画を見て和んでいます。
8月に産まれたパンダの子どもとママを、ライブで見る事ができるの。
もぞもぞもぞ・・・って動くのがとっても愛らしくって!
パンダの動きって、どうしようもなくかわいいです。


http://www.sandiegozoo.org/pandacam/index.html

生後5ヶ月くらいは親子一緒に過ごすそうなので
もうしばらくこのライブを楽しもうと思っています。






スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/67-d3263407

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。