Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/74-f83839c9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

冬の海の ハプニング

19122414.jpg


前日から楽しみにしていた海へと出かける。
いつものたんぼ道が、ほら!
うっすらと霜をまとっていて、白く輝いています。
思わず窓全開で 「きれー!」 と叫ぶ。
この道では叫んだって、誰にも聞こえないのだよーん。

外の温度計は2度。
寒いのかなあ? 寒いのか?
なんだか寒い日って、ほんわりと暖かく感じられる時ありませんか。
そんな感じで外気を浴びてもそれほど寒く感じなかった、この朝。



まずは波チェック。
ヒトがたくさんいるところは苦手なので、ほぼ無人の海岸を歩く。



09122410.jpg


ものすごい海鳥の数です。
真っ白い羽が朝陽を浴びて、悠々と行き交っている。
こんな光景は初めて見た。
よくぶつからないなあ、何百いるんだろう?
と、妙に感心しながら、その美しい数々の交差の軌跡にただ圧倒される。



09122409.jpg



澄んだ空気にぽかんと浮かんだ雲。
この気持ち良さ、たまらない。


09122408.jpg


波がまとまってきたので、練習してきまーす!

水はひんやりとするけれど、思ったほど冷たくないのね。
まだまだいけます、千葉。
・・・って、こう言っていられるのはいつまでなのカナ???


くらげのいない海、サイコー!
ここはあのクラゲポイントから少し離れた場所。
砂浜にクラゲの姿がないというだけで
なんだか砂浜がいつも以上に美しく感じられるのね。

しっかり手をのばしてパドル、パドル。
深く水をかいても、へっちゃらだーい。


実はドルフィン・スルーのきちんとした方法を知らない私。
上手い方の波乗り姿を参考に、見よう見真似でやっている。
一度、ちゃんと本でも読まないと上達しないかな。

ドルフィンをやるようになって驚いたのは
すごくパワフルな波が目の前から来ても、それを何事もなかったかのように
するんと抵抗なくやり過ごせる事。
うまく抜けた時って、まるで自分が魚になったみたい。
あ、イルカかな?

こういう感覚でいいのかなあ?
いまの感じでいいのかなあ?
って、誰にも聞けないので、なるべく余分な力を使わずにするんとくぐるイメージで
とにかく気持ちよくすり抜けて行けたらそれでいいのかな?
と、そんなアバウトな、理論の裏付けの全くない感覚のみをたよりにしています。
自分では、水中で美しい弧を描いている。 つもり。

だってたまにですが、よくあんな波を抜けられたなあ!
って、自分でも驚くほど、何事もなかったかのようにパドルを続けている事があるのです。
波の大きさによって、やばいぞ、という時は少し深さを意識して、スルン。

すごいね、ドルフィン・スルー。
もっと上手になって、目前に迫る波をどんどん抜けられるようになりたいなあ。
まだまだ身体が身構えて、こわばっちゃうんだ。



09122407.jpg


さて上がりますか、と海から砂浜を見ると
なんだか黒っぽい小さなものがたくさん浜にあるのが見えた。
波乗り中に少し北に移動したので、朝には気づかなかったのね。

なんじゃ? 貝殻かしら?

と思ってボードから降りて水中を歩こうとすると・・・
ぬるん、ぬるん!
と、足下一面に水の中になにかいるー!!!
・・・クラゲじゃないぞ。


09122406.jpg


ここから眼で確認できる範囲だけでも数十メートル続いている。
これなーんだ?


09122405.jpg


これじゃー!

なんと、なんと、砂浜には数えられないくらいの 「セグロイワシ」。
なぜなぜ?

ここで、この日にたくさんの海鳥がこの辺りを飛び回っている事とつながる。
海鳥たちは私の波乗り中でも、すぐ頭の上を飛び交っていたのです。
その白く広げた美しい翼に見とれていたのだけど
まさか浜に大量のイワシが打ち上げられていたとは。

近所のおじちゃんに話を聞くと、数年に一度くらいあるかなあ?
との事。
どうしてだろう?
異常気象と関係あるのかな?

目の前に積み重なるこれだけのイワシを見ていたら、ふと
この寒い日に、食べられないで震えているたくさんの人々の影が頭に浮かんだ。
でもこれは、ヒトが捨てたものではない。
自然現象なんだ。
自分に言い聞かせて、でもこのどうしようもない光景をただただ見ているしかなかった。

おじちゃんの話によると、昔はこれを肥やしにしていたとか。
今は肥やしは使われないからねえ、と遠い眼でつぶやきながら
まだ傷のない、なるべくきれいなイワシをたくさん拾っていた。



「セグロイワシ」って、どんな味?

好奇心たっぷりの私は、こんなある意味グロテスクな光景を見ても
やんわりとそんな事も同時に考えている。

そして、こうなる。

09122404.jpg


九十九里名物 「イワシのゴマづけ」だい。
生のイワシを酢とゴマと鷹の爪で漬け込んである。


09122403.jpg


さっそくいただいちゃいましたー。
美味~!

お酒のアテに最高です。

うーん、あれがこうか・・・。
イワシに頭の中を占領された一日でした。



実はこの様子をある新聞社にお伝えしたところ、
昨日今日と、新聞社内のあちこちの部署の担当者からメールが続々。
夕刊あたりに載りそうなので、詳細は後日・・・。
ちょっと詳しい事情がわかればよいな、とは思っているのですが。 どうなるかな。



↓取り上げていただきました。
関係者の方々、丁寧なご報告のご連絡をありがとうございました!

http://www.asahi.com/national/update/1225/TKY200912250134.html






09122401.jpg


CDを買いにタワレコへ。

いつも嬉しいのは、こういうちょっとした気遣い。
テープです。
これこそ、お客様目線~!
私、こういうのに弱いんです。

だからつい、タワレコ行っちゃうのかな。






無風の面ツル波乗りを体験した翌日
陸地で美しい波に出会う。

09122402.jpg


きれい。
波の中で、こんな光を体感してみたい。
と、切に願う。









09122412.jpg


クリスマスですね。

今宵はイブ。
みなさま、すてきな夢を!





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/74-f83839c9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。