Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/95-09d29f57

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

黒が赤 に みえるとき

  

10022710.jpg


庭の小さな梅の木に、たくさんのかわいらしい蕾がついていた。
これは八重咲きの梅の花で、名前は知らない。
開いている姿は華やかで美しいのだけれど
私はこの蕾の時期が、たまらなく好きです。

花弁のグラデーションや細やかで光るうぶげの美しさに、うっとりしちゃいます。
蕾って、ものすごいエネルギーの塊の様に感じ
これからなにかを予感させる、そういうものを感じさせる事に
私はとても惹かれるのだろう、と近頃思っています。




R0014288_convert_20100227101133.jpg


クーの通う小学校が、もうすぐ取り壊される。
校舎を全て新しく立て替えるためで、今は新学期に向けて
大きな大きなプレハブ校舎を建設中です。
冷暖房完備の巨大プレハブ校舎だけれど、
何百人もがこんな薄っぺらいプレハブに入ったら・・・
と想像すると、怖くなります。
 
「もう、廊下で鬼ごっこができなくなる」
とは、先生達から怒られても懲りないクーのセリフで
春から卒業まではプレハブ生活になる事を知っている彼の寂しさが
じんわりとこちらにも伝わってくるようで、私も少し切なくなる。

ネットに残された枯れたヘチマ達が、ブラブラと風に揺れています。



10022705.jpg


そんな校舎とのお別れ記念もかねて、子どもたちの展覧会が開催中です。
体育館には全校生徒の作品が所狭しと並び
校舎のあちこちにも、「見つけてね」 とでも言いたげに
作品達が点在しているのです。

この展覧会のために、昨年から準備は進められて来たようで
「おれの力作は船だから!」
と、胸をはってアピールするクーのきらきらした瞳に
この日を待ちわびていた、私。

ある日の夕食時、カニの爪を見たクーは
「あ!思いついた。 このカニの爪、とっておいて。
 これをつければオレの船、最強になる!!」
と叫んだ事があった。
カニの爪を船の先端に取り付けたいそうで、
「虫がわかないかしら?」 と妙に現実的でつまらない大人である私は
何度も何度もいくつかのカニ爪を洗い、天日に干し、とやったのだけれど
結局カニ爪案は、彼の中から消えたようでした。


10022706.jpg


「世界一周号」
大砲、救命ボート、UFO、巨大漁網を完備した大船が
大海に漕ぎ出して行きます。
偶然会場でクーを見つけ、観察してみると
「救命ボートよし、大砲よし、網よし!」 と
船のチェックに余念がありませんでした。
さすがです。

ちなみにこの網には4枚ほどの魚が入っていたそうですが
ある先生のミスで、どこかに逃げてしまったそう。
だめじゃん、作品を勝手にいじっちゃあねえ。


10022708.jpg


あまりにシュールな作品にどきりとする。
「不思議ないきもの」 というようなお題で
段ボールを素材に制作されています。
彼いわく、

10022707.jpg


のだそうで、
この瞬間、数日前に家で発見した紙切れを思い出した。


10022702.jpg

再生紙の片側には
「はっそう1号」 「はっそう2号」 ・・・
と、それは6号まで続いていた。
そしてその裏面には、

10022701.jpg

はい、これですね。
ここで彼の 「はっそう○号」 が完結した事を知りました。

「その紙、もういらないから捨てていいよ」
と言われていたのですが、なぜか気になり捨てられなかった、このスケッチ。
あー、よかった。
こういう制作過程を知るのって、本当に楽しいなあ、とニンマリです。


それから
6年生の作品の中に、気になる1枚を発見する。


R0014331_convert_20100227104057.jpg


「12年後の自分へ
 自らは、何の仕事をして楽しくすごしているでしょうか
 自分の正しき答えを変えずにしてください
 社会にめげずにがんばってください」

しばらくかたまってしまった。
そして、じっと考えていた。
12歳の子が 「社会にめげずに」 と考えている事に心がキンとなり
そう感じさせている私達大人の、この世での役目について思った。
そして 「自分の正しき答え」 
彼にとっての 「正しき答え」 って何なのだろう?
と、理解する事などできない事を勝手に想像し
そして、自分自身へと投げかけてみる。



10022709.jpg


近頃の自分。
いつもあれこれと思いを巡らせ
少しの焦りとそれを打ち消すための行動を繰り返している。
もうずっと、熟睡などできない状態でいる理由は自分ではよくわかっていて
でも今はそれで仕方ないと思っているし
それを解消する方法を、あれやこれやと探して試している日々。

さっき、瀬戸内寂聴さんがラジオでお話されていた。



生きるとは、ワクワクドキドキすること
不安になる、という人がいるけれど
私にはどうして不安になるのかがわからない
とにかく考えずに、進み始めればいいのです
ワクワクドキドキが無くなるとは、老いる事
私はいつもワクワクドキドキしていたいから、
わざと自分を、そちらの方に仕向けます

生きていて、ある時に見方が急に変わることがあります
黒かったものが、急に赤く見えるようになるのです
それが、ワクワクドキドキということではないでしょうか

同じ場所にいると、そこの気を全て吸い上げてしまって
おもしろくなくなってしまうのです
だから私は、何度も何度も、引越を重ねて来たように思います

岡本太郎さんから、教えていただいた事があります
「岐路に立った時、芸術家なら危ない方に立て」
私は安全ではなく、迷った時はいつも、危ない方を選んできました
そしてその結果が今にあり、私はそれでよかったと思っています




これらの言葉が、胸に刺さった。
同時に、ほっと安堵さえも感じた。

以前より私は
「自分は定住出来ない人種のような気がする」
と友人達に話してきたのです。
その理由は、自分ではわからないまま
でも、なぜかそんな気が強く感じられ、そのように話していたのです。
自己分析できないというのはとても気持の悪いもので
もちろん、自分の全てなんて自分ひとりで理解することなど不可能だけれど
長年強く感じて来たことの理由が、
今朝の寂聴さんのお話から少しだけ理解出来たようです。

「苦労する方を選ぶんだねえ」
とは、少し前に弟に言われたひとこと。
やはり私はMなのかな?
なんて安っぽい言葉で置き換えようとしたけれど
それも違うように感じて来た。

そうか、そういう事だったのですね。

岡本太郎さんの言われたように、寂聴さんがお話して下さったように
そういう体質の人間て、いるんだ。
人種、と言っていいと思う。
私が今抱えている問題の、何の解決にもならないけれど
でも、なんだか安心した。
そしてまた、力がわいて来た。

絶対にいつか、結果が出せる日が来る。
大切なのは、信じてやる、こと。




10022711.jpg


展覧会を見て子どもたちのパワーをいただき嬉しくなった私は
ブラウニーを焼いた。
ブラウニーってものすごく甘いイメージだけれど
これはチョコレートは使わず、ココアで代用し
砂糖も控えめにした、簡単おやつバージョンです。
しっとり、モチモチがいいなあ。

帰宅し、手作りおやつが待っているというのはクーにとっては嬉しいようで
こんな何てことないおやつに感激してくれるキラキラした顔に
なんだかウルッとしてしまう。

本当ならこれにベリーでも飾ってあげたら見栄えがするのですが
いつものように急に思い立ってつくったもので・・・
とは単なる言い訳であります。


しかし、なんだかよく膨らんじゃったなあ。
配合を間違えたかな?
でも、おいしいから良しとしよう! (またまた、自画自賛)


.















スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keikee1205.blog10.fc2.com/tb.php/95-09d29f57

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kei1205

Author:kei1205
keiです。

見上げる空、花の色やかたち
光の変化や肌にあたる空気。
店先で手にとった果実
ビルのむこうに沈む夕陽。
なにげない日常のなかにあふれているうつくしさを
ひとつひとつ大切に思っています。

日々、感じたことなど。
流れ変化する自分の感覚を、記していきます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


月齢

CURRENT MOON

検索フォーム

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。